日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究」報告書

 事業名 宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


5. 自由意見

国際物流の高度化・効率化に向けた意見・要望としては、以下のようなものが挙げられている。

 

◆コンテナ貨物に対応した港湾整備について

九州各県においてコンテナ貨物に対応した港湾施設の整備が進められていることに対する批判が強く、九州全体として何が一番良いかを検討した上で、そこに重点的に予算の投入を図るべきであるという意見が多数みられる。

○各地方港には、それにあったやり方があると思います。後背地域マーケットを活かす港湾施設であれば良いと思います。地域エゴで全てコンテナ化を推進する今の方向は納得できません。(熊本県、食料品、飲料・飼料・たばこ製造業)

○九州全体として何が一番良いか考えた上で調査する必要があるのではないか。(大分県、化学、石油・石炭製品、プラスチック製品製造業)

○九州各地でコンテナ施設の拡充が進められているが、各県に1ヶ所〜数ヶ所も必要ないと思う。九州全体で2〜3ヶ所に集約し、予算の重点投入を図った方が九州全体のために有効と考える。(熊本県、食料品、飲料・飼料・たばこ製造業)

○東南九州には志布志/細島/宮崎港のいずれかを代表的に良い港化すれば良い。不完備な港が乱立しても投資の無駄。(宮崎県、出版・印刷・同関連製品製造業)

○直行便の誘致。総合コストの低減。総合L/Tの短縮。ガントリークレーンの設置。検疫その他手続きサービス体制の完備。アクセスの整備。ソフトとハードが一体化されたシステムの完備。(宮崎県、出版・印刷・同関連製品製造業)

○港湾事務のEDI他。(熊本県、鉄鋼、金属製品製造業)

 

◆細島港における航路の開設について

前述の4. (6)の回答にも現れていたが、中国上海への直行便開設に対する要望がみられる。ただし、宮崎県以外に立地する事業所は、それぞれ自事業所に近い港の拡充整備を望む傾向がみられる。

○現在では韓国でトランシップすると門司港よりの輸送コストと変わらないかちょっと高いぐらいになるのでメリットがない。中国上海直行便を開設してほしい。(宮崎県、木材・木製品、家具・装備品製造業)

○細島は当社にとって全然メリットがない。大分港の拡大によるメリットの方が大きいと思われる。(大分県、パルプ・紙・紙加工品製造業)

○当社は鹿児島県内の販売が多いため細島港より志布志港の利用が多くなってくると思う。(鹿児島県、各種商品卸売業)

○鹿児島港への中国中部および台湾からの直行便希望。(鹿児島県、建築材料卸売業)

◆今後の国際物流の動向について

今後の国際物流の動向としては、国内市場における価格競争が激化する中、製造業による逆輸入がますます増加する傾向にあるという意見がみられる。

○当社は、東南アジア地区より逆輸入商品を結構取り扱っております。国内メーカーも価格競争の中で逆輸入形式が、増加傾向にあります。(大分県、各種商品卸売業)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,417位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
6,799

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究」 中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から