日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

「オール・ストラディヴァリウス・コンサート」プログラム

 事業名 音楽文化の振興
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


Members of Tokyo Sting Quartet

 

ミカエル・コぺルマン(第1ヴァイオリエスト)

 

1996年11月、前任者のピーター・ウンジャンにかわり第1ヴァイオリエストとして入入団した。ロシア・ウクライナ生まれ。6才よリヴァイオリンを始め、モスクワ音楽学院にてマイア・グルザロヴァ、ユリー・ヤンケルヴィッチ両教授に師事する。1973年ジャック・テイボー国際音楽コンクールで2位に入賞する。ポリショイ劇場オーケストラ団員、モスクワ・フィルハーモニック・オーケストラのコンサート・マスターを務め、1976年にポロディン弦楽四重奏団の第1ヴァイオリエストに指名された。

 

池田菊衛(第2ヴァイオリエスト)

 

1974年、第2ヴアイオリエストとして入団。東京生まれ。桐朋音楽学院でヴァイオリンを鷲見三郎氏に、室内業を斉藤秀雄氏に師事。1971年渡米後、ジュリアード音楽院の特待生としてドロシー・ディレイ教授に師事、ジュリアード弦楽四重奏団の一員でもあった。毎日、NHK等の国内音楽コンクール、ワシントン国際弦楽コンクールで優勝。渡米前はソリストとして在京オーケストラと共演。渡米後もイタリア、ニューヨーク、日本各地でリサイタルを行った。

 

磯村和英(ヴィオリスト)

 

1969年、東京クワルテットの創設者として参加。桐朋音楽学院でジーン・イスナルド、小林健次、斉藤秀雄の各氏にに師事。渡米後は一時ナッシュヴィル・シンフォニーの準コンサートマスターを務めていたが、室内楽への懇望もだし難く、全額奨学生としてジュリアード音楽学院で、ヴァイオリンをイヴァン・ガラミァン、ポール・マカノウィツキー両氏に、室内楽をロパート・マン、ラファエル・ヒリアー両氏に、ヴィオラをウォーター・トランプラー氏に師事した。

 

原田禎夫(チェリスト)

 

1969年、東京クワルテットの創設者として参加。父よりチェロの手ほどきを受け、11才の時斎藤秀雄氏に師事。桐朋音楽学院を卒業後、毎日、NHKのチェロ・コンクールで優勝、毎日室内楽大賞も受賞し、国内演奏旅行を行う。東京交響楽団の首席チェリストを務めた後、渡米し、アスペン室内オーケストラ及びナッシュヴィル・シンフォニーのチェリストとなる。その後、室内楽の研鑽を積むため全額奨学生としてジュリアード音楽院で、クラウス・アダム、ロパート・マン、ラファエル・ヒリアー各氏に師事した。

 

Mikhail Kopelman (1st violinist)

 

Joined the Tokyo String Quartet in 1996 as its new first violinist. He replaced Peter Oundjian, who stepped down from the post after playing with the ensemble for 15 years. Kopelman was born in Ukainian city of Uzhgorod, and began violin studies at the age of six. He studied at the Moscow Conservatory. In 1973, he won second prize in the Jacques Thibaud International Competition in Paris. He was first violinist of the Borodin String Quartet for two decades. From 1980-90 Kopelman was on faculty at the Moscow Conservatory.

 

Kikuei Ikeda (2nd violinist)

 

Born in Tokyo and studied violin at the Toho Gakuen School of Music with Hideo Saito. He went to NY in 1971 to study under Dorothy DeLay and members of The Juilliard String Quartet at The Juilliard School of Music. Ikeda won several prestigious prizes in Japan, US, and Portugal- ARer playing chamber music with numerous ensembIes, he joined the Tokyo String Quartet in 1974.

 

Kazuhide Isomura (violist)

 

Graduate of the Toho Gakuen School of Music where he studied with Hideo Saito. He then went onto The juilliard School of Music for further study of chamber music. Isomura is a founding member of the Tokyo String Quartet. He also records solo viola repetoire for MusicMasters/Musical Heritage Society.

 

Sadao Harada (cellist)

 

A founding member of the Tokyo String Quartet, Harada began his cello studies with his father and continued them with Hideo Saito when he was 11. After graduating from Toho Gakuen School of Music, Harada won the First Prize at the Mainichi and NHK Cello Competitions. He was the youngest principal celIist of the Tokyo Symphony prior to going to the USA, where he became the cellist for both Aspen Chamber Orchestra and the Nashville Symphony. Harada entered The Juilliard School to pursue chamber music.

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,735位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
5,605

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「ストラディヴァリウス・チェロ・リサイタル」プログラム
2.「ストラディヴァリウス・チェロ・リサイタル(ロンドン開催)」プログラム
3.「音楽文化の振興」の報告書
4.「第2回 日本太鼓全国フェスティバル」プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から