日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海難救助作業マニュアル

 事業名 救助訓練及び器具整備
 団体名 日本水難救済会  


(4) 曳航中の留意事項

イ 曳航状態等の確認

曳航中は見張員を配置し、曳航状態等の確認を行う。

ロ 通信の確保

被曳航船に乗組員が乗船している場合は、通信手段を確保する必要がある。

ハ ヨーイング対策

追い風を受ける場合、又は、無風の場合は、被曳航船は針路に対して左右45〜60度程度の角度で左右に揺れる場合がある。これをヨーイングというがヨーイングが生じると曳航索が緊張して切断の危険があるとともに、自船の保針が妨げられる。ヨーイングを防止するためには、被曳航のトリムをとも足(by the stern)にすることが有効である。又、可能な限り追い風を受けないような針路に変えて、その後、風向の変化を待って元の針路に変えることも必要である。

ヨーイングは、被曳航船のトリム、船体傾斜により左右されるが一般に船尾トリムが小さく、又、傾斜時には傾斜側に大きい。

対策としては、次の方法がある。

(イ) 曳航速力を変えて変化の状況をみて、最小の時の速力をもって曳航する。

(ロ) 被曳航船の舵を固定させる。

(ハ) 被曳航船の船尾に、更に、一隻の救助船を配置して曳索に少し張力をかかる程度にして曳く。

 

5 甲板作業における事故防止

(1) 荒天下作業における転倒・海中転落の防止

イ ライフラインの展張

ロ 自己確保用ロープ(命綱)の使用

ハ ヘルメット救命胴衣等の着装

ニ 甲板上の移動物の固縛除去等による甲板上の整理

(2) 曳航索の振れ回りによる殴打等の防止

イ 曳航索の振れ回り防止の制限を行う。

ロ 不用意に曳航索に接近しない。又、曳航索の延長線上には立たない。

ハ 変針、変速を行う際には、操船者と作業者の連絡を密にとる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
384位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
29,099

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.救難所職員訓練必携?三次改訂版?
2.救助訓練事業実施要領
3.「マリン レスキューNo.91号」
4.「マリン レスキュージャパン」パンフレット
5.洋上救急マニュアル(第13版)
6.洋上救急事業の概要(第14版)
7.「救助訓練及び器具整備」の報告書
8.機器写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から