日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

マリーン・エンゼル 62号

 事業名 小型船舶の安全確保
 団体名 中部小型船安全協会 注目度注目度5


006-1.gif

五月五日(子供の日)雑感

里山 勉

 

今の憲法や法律は、家族や家庭の在り方について一つの理想像を持っています。家族がお互いの人格を認めあい、理解して協力しあう関係を作る事であります。そしてそのような家庭を土台にして責任のある市民から成り立つ近代的な社会をつくろうというものであります。

この事は、例えば「国民の祝日」に関する法律をみても気がつきます。この法律の狙いは、自由と平和を求める日本国民が、美しい風習を育て、よりよい社会、より豊かな生活を築きあげるために、国民がこぞって祝日を祝おうというものであります。

この中には、「成人の日」(一月十五日)「子供の日」(五月五日)「敬老の日」(九月十五日)等、家族に関する祝日が目立ちます。特に家族の中で、一人前の年齢になった人や、子供、老人等、特別にいたわる必要のある人達と、国民全体、社会全体を祝いその祝日の意義を考えてみようというものであります。

五月五日(子供の日)は、端午の節句ともいいます。端午とは、本来は月の初めの午の日の事。午の音が五に通じるところから、特に五月五日をさすようになったそうです。

古来中国では、五月はなぜか物忌みの月とされ、この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだりして、けがれを清める風習があったようです。日本でもこの時期は、若い女の子が、田植えの前に家にこもって身を清める「さつき忌み」の行事があり、この二つが合わさって端午の節句に。

 

006-2.gif

 

それなら端午の節句って、もとは女の子が主役だったはずなのに、男の子の節句になったのはどういうわけ?

武家社会となった鎌倉時代

以降、この日につきものの菖蒲が尚武に通じることから男子の節句となり、立身出世を願って鯉のぼりをたてるようになりました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,842位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
1,233

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.海上運航のしおり
2.海上安全指導員のしおり
3.海洋レジャーを楽しく安全に(1)
4.海洋レジャーを楽しく安全に(2)
5.マリーン・エンゼル 63号
6.「まず確認 船位と海図 今一度」ポスター
7.「小型船舶の安全確保」の報告書
8.広報用パンフレット「安全で明るい海で楽しいレジャー」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から