日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

マリーン・エンゼル 62号

 事業名 小型船舶の安全確保
 団体名 中部小型船安全協会 注目度注目度5


プレジャーボート等の海難発生状況について

第四管区海上保安本部

航行安全課

 

1. 海難の発生状況

平成9年の要救助船舶(救助を必要とする海難に遭遇した船舶)は、全国で1,678隻、四管では59隻であり、このうちモーターボート、ヨット、遊漁船などのプレジャーボート等の海難は、全国で629隻、四管では26隻でした。

これら要救助海難に伴う死亡・行方不明者は、全国で170人、四管では7人でした。このうちプレジャーボート等については、全国で33人、四管では1人となっています。

プレジャーボート等の海難の占める割合は、全国では約40%、四管では約44%を占め、船舶用途別で第一位となっています。

この傾向は、昭和61年から続いており、海洋レジャーの盛んな当管区の特徴となっています。

四管におけるプレジャーボート等の海難について、船型別にみますと

 

モーターボート  11隻  42%

水上オートバイ  5隻  19%

ヨット      3隻  12%

遊漁船等     2隻  8%

その他      5隻  19%

(手漕ぎボート・和船型ボート)

 

海難種類別では

衝突       9隻  35%

推進器障害    4隻  15%

転覆       4隻  15%

乗揚げ      3隻  12%

機関故障     2隻  8%

その他      4隻  15%

 

原因別では

見張不充分    7隻  27%

気象・海象不注意 4隻  15%

操船不適切    4隻  15%

船位不確認    2隻  8%

その他      6隻  23%

 

等、人為的な要因によるものが23隻であり、全体の88%を占めています。また、部署別でみますと、鳥羽10隻、名古屋6隻、四日市・蒲郡各4隻、衣浦2隻となっています。

 

2. 事故事例

平成9年における幾つかの事故事例を紹介します。

 

【事例1】乗揚げ

2月2日、モーターボートT丸は試運転のため、佐久島と日間賀島間を航行中、過去数回航行した経験から、事前の海図調査、位置確認を行わないまま航行し、浅瀬に乗揚げたもの。

人員及び船体は海上タクシーに救助された。

・主たる海難の原因 水路調査不充分

【事例2】一時行方不明

5月5日、ヨットN丸(3名乗船)は三重県神島北東海城においてセールトレーニング中、自船の位置が分からなくなり、南航し遠州灘を迷走、翌日午後四時頃神島南東約60海里において付近を航行していた漁船から自船の位置を知り、自力による帰港は困難と判断、漁船に曳航を依頼し、その後当庁巡視艇がN丸の曳航を引継ぎ救助したもの。

・主たる海難の原因 船位不確認

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,847位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
1,226

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.海上運航のしおり
2.海上安全指導員のしおり
3.海洋レジャーを楽しく安全に(1)
4.海洋レジャーを楽しく安全に(2)
5.マリーン・エンゼル 63号
6.「まず確認 船位と海図 今一度」ポスター
7.「小型船舶の安全確保」の報告書
8.広報用パンフレット「安全で明るい海で楽しいレジャー」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から