日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

FRP造船業安全衛生・環境指導基準

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


【基準】

 

2 消火器具の設置

事業者は、消火器又は簡易消火器具(以下消火器具という。)を、事業場においては、延べ床面積が150m2以上の防火対象物又はその部分、及び少量危険物又は指定可燃物を貯蔵し、又は取り扱う建築物又は工作物に設置しなければならない(令第10条)。

 

表6-1 消火器具の適用表(令別表第2、令第10条関係)

054-1.gif

備考

1. 〇は対象物の区分の欄に掲げるものに、当該各項に掲げる消火器具がそれぞれ適合するものであることを示す。

2. りん酸塩類とは、りん酸塩類、硫酸塩類その他防炎性を有する薬剤をいう。

3. 炭酸水素塩類とは、炭酸水素塩類及び炭酸水素塩類と尿素との反応生成物をいう。

4. 禁水性物品とは、危険物の規制に関する政令第10条第1項第10号に定める、禁水性物品をいう。

 

【解説】

 

2. 消火器具の設置

消火器具の設置及び維持に関する技術上の基準は、おおむね次のとおりである(令第10条同別表第2、則第6条より同第9条まで)。

(1) 防火対象物又はその部分には、原則として防火対象の用途、構造若しくは規模又は消火器具の種類若しくは性能に応じて、表6-1に示す消火に適応するものとされる消火器具を設置すること。

(2) 消火器具は、通行又は避難に支障なく、かつ、使用に際して容易に持ち出すことができる箇所に設置すること。

(3) 消火器具は、床面からの高さが1.5m以下の箇所に設けること。

(4) 消火器具は、原則として水その他消火剤が凍結し、変質し、又は噴出するおそれのない箇所に設けること。

(5) 消火器には、原則として地震による振動等による転倒を防止するための適当な措置を講ずること。

(6) 消火器を設置した箇所には、消火器にあっては「消火器」と、水バケツにあっては「消火バケツ」と、水槽にあっては「消火水槽」と、乾燥砂にあっては「消火砂」と、膨張ひる石又は膨張真珠岩にあっては「消火ひる石」と表示した標識を見やすい位置に設けること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
190位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
59,954

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書−原寸型・定規−
2.「小型造船技術講習」の報告書
3.小型船造船業の実態調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から