日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援事業報告書

 事業名 開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


3.4 エジプトにおける鉄鋼業

 

解撤事業において重要な要因は、解撤船から発生するスクラップを販売するための鉄の需要があるかと云うことである。さいわい、エジプトでは2章で述べたように経済的にも安定成長に入っており、インフラ整備に必要な鉄の需要が豊富にあることが分かった。表3.4.1はエジプトにおける鉄の生産量と消費量の推移を示したものである。表が示すように確実に消費量も増加し、また鉄の輸入と輸出が着実に増加していることが分かる。

 

表3.4.1 エジプトにおける鉄の生産量と消費量の推移(千トン)

008-1.gif

カッコ内数字は推定値を示す

(World Steel Handbook Ver.6 IISIより引用)

 

エジプトでは解撤されたスクラップの伸鉄材は価格にかなりばらつきがみられるが一般には120ドル/トン程度で取引されている。この値段でスクラップ材を売買したのでは解撤はビジネスとして成り立たない。そこで船舶から発生するスクラップは伸鉄工場で、鉄筋に加工することが材料に付加価値をつけるということで望ましい。ただし伸鉄材から生産できるのは丸棒で径も最大13mm程度である。価格は340ドル/トンぐらいである。表3.4.2は鉄筋の生産量と消費量について実績と予想を示したものである。現在約300万トンの鋼棒が消費されており、更に増加の傾向にある。

 

表3.4.2 鋼棒の生産量と消費量(百万トン)

008-2.gif

 

さらに表3.4.3にエジプトの鉄筋の生産量を示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,654位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
3,229

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.「開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援」の報告書
2.生鮮食料品輸送・保管のための保冷コンテナ及び冷凍保管庫の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から