日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援事業報告書

 事業名 開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


3 解撤事業

 

3.1 世界の解撤業の推移

解撤業は労働集約型であるから、人件費の低い国を求めて移動している。日本でもかつては盛んであったが、人件費の高騰のために採算性が悪化し、韓国、台湾へシフトしていった。表3.1.1は解撤事業を行っている主要な国の解撤能力の推移を示したものである。この中ですでに台湾と韓国は1997年に解撤ビジネスから撤退し、中国は同年中古船の高騰のために中断している。

 

表3.1.1 主要国の解撤能力の推移

006-1.gif

注) 貝塚誠治:海事産業研究所報、No.382,1998.4

 

図3.1.1は解撤船価格と解撤船腹量の推移を示すものである。図から分かるように解撤船の価格は大きく変動しており、最も高いときには265ドルにも達している。そのようなときには、解撤事業は経済的に成り立たないので、解撤の量も著しく低下する。今年の初めからはかなり解撤船の価格は低下しており、この理由は昨年発生したインドにおける爆発事故によって、当局がガスフリー規制を強化したために、インドの解撤能力が低下したことが一因である。

 

006-2.gif

図3.1.1 解撤船価格と解撤船腹量

注) 貝塚誠治:海事産業研究所報、No.382,1998.4

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,654位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
3,229

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.「開発途上国における運輸インフラ近代化計画支援」の報告書
2.生鮮食料品輸送・保管のための保冷コンテナ及び冷凍保管庫の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から