日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


14

特別講演:「海、知られざる世界」

 

NHK編成局チーフプロデューサー

日向英実

 

テレビがうまれてすでに半世紀、カメラが入ったことのない秘境はまだ地球上に残されているだろうか―そんなことを考えているうちに、そういえば陸地はともかく海のなかには、まだ誰も見たことのない世界が広がっているのではないか、もしその世界を目の当たりにすることができたら、それこそテレビが挑戦する最後の秘境ではないか。最初、そんなことを考えはじめながらこの「海」シリーズの企画がスタートしました。

 

確かに、深海潜水艇の登場によって、人類は深さ1万メートルもの海底にたどり着くことができました。今では深海のようすがさまざまに紹介されています。しかしその映像には、潜水挺のライトが届く範囲、つまり10メートル四方くらいの範囲しか映っていません。潜水艇が映し出す光景を見ていて、いったいそこがどんな世界なのか想像もつかずいらいらした覚えがあります。

 

専門家に聞いたところ、これまでに人間が実際に見た海底は、全部あわせても日本の淡路島くらいの面積にしかならないのだそうです。地球表面の七割を占める海の広さから考えると、これはほとんど点のようなものです。

もちろん、海底地形図というものはあります。しかしこちらのほうは、山脈や海溝がどのように延びているかなどといった、おおざっぱなようすはわかりますが、たとえば地上で山の岩肌を眺めるときのように、地形の細部まではわかりません。なにしろ世界の海底地形をあらわしたものは、最新のものでも3.5キロ四方を一つのデータで表現するといった非常に粗い解像度しかないのです。山の上から国見をするように、深海底に立って目の前に広がる景色を眺めることができたとしたら、これまで見たこともない、とても新鮮な映像になるのではないか。これが本シリーズの企画の出発点でした。

 

しかし、そうは言っても実際にカメラで撮影することは困難です。光がまったく届かない暗黒の世界である深海で遠くを見渡そうとすれば、大量の照明設備をあちこちに設置しなければなりません。そのためには、世界中の潜水艇を集めても追いつきません。費用も莫大なものになります。そこで、私たちはこれまで集められた最新のデータや、実際に潜って現場を見たことのある研究者の意見などをもとに、できるだけ忠実に、そこにあるであろう光景を特撮やCGを使って再現することにしました。

 

今から4年前、私たちは「生命・40億年はるかな旅」というシリーズを制作しました。このシリーズでは、はるか昔の生き物たちや、その生き物たちが棲んでいた環境を描くために、同じように特撮やCGを使いました。その技術を利用して、こんどは、現にそこにある世界ですが、実際には見ることのできない世界を描こうというわけです。リアルですが、暗くて見えるはずのない不思議な光景です。このような再現映像によって初めて、海底の世界で何が起きているか、そしてそのことが、私たちとどうかかわっているかを実感できるのではないかと考えたのです。

 

海は地球に残された最後の秘境です。そして同時に、まだまだ多くの謎が残されている世界です。海が地球の環境にどんな影響を与えているのか、海は生命にとってどんな意味があるのか、そして未来のエネルギー資源や食糧資源を海に期待できるのか。まだわからないことばかりです。地球そのものをトータルに理解することの大切さが言われている今、その表面積の7割を占める海について、私たちはもっと深く知る必要があると思います。

(1998年6月 同シリーズあとがきより)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,044位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
9,222

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集
9.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から