日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


(なぜ地球変動研究が重要なのか?)

そのダイナミックな姿が明らかとなるにつれて、むしろ、変動する地球が本来の姿であり、とりわけ、地質学的に第四紀と呼ばれる約160万年前から現在までは、気候変動や地殻変動などが激しく進行した時代であったことが明らかにされてきました。そうすると、最近一万年もの間、比較的安定した気候が保たれてきたことの方が「異常」と考えられるようになってきたのです(図4)。

今や地球温暖化が世界の降水分布や農業生産などに与える影響が懸念されている中で、50時間で約2倍という割合で急増していく地球人口をこれからどうやって養っていくのか?

また、こうした人間活動がもっと急激な未知の環境変動を引き起こす恐れはないのか?

これらの全人類的課題に対して、誰もまだ解答を持っていません。

かつて南極において日本の科学観測によってオゾンホールが発見され、後にその危険性を科学的に証明したことがやがて国際政治を動かすまでになったように、地球変動予測のための研究を推進するためにも、現在進行中の地球変動過程(アクティブプロセス)のメカニズムを解き明かすことは、まきに人類の生存に関わる課題であると言えます。

093-1.gif

出典:IPCC第二次報告書/Jouzel et.al.(1994)

図4 高解像度な古気候復元の必要性

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
551位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
18,355

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
9.OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から