日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


・ODPはJR号の老朽化により2003年9月末に終了する。それ以降は、大深度掘削の能力を持つ地球深部探査船と従来型掘削船の二船体制による統合国際深海掘削計画(IODP)に発展させることについて、各国の地球科学者及び科学技術政策担当者間で基本的合意に達している。

 

(3)地球深部探査船の開発

・過去の急激な気候変動を高い解像度で復元するには、堆積速度の速い海域を掘削する必要があるが、こうした海域には生物生産が活発だったことに由来する石油・ガスが存在することが多い。従来型掘削船では石油・ガスの噴出を防止する能力がなく、掘削に危険が伴うため、石油・ガス層を越えて掘削することができない。

 

・従来型掘削船には掘削孔を安定化させる能力がないため、掘削孔の崩壊などによって海底下掘削深度を増大させることが困難であり、ジュラ紀の地層、地震発生ゾーン、マントルなど海底下大深度の掘削が困難である。

 

・地球深部探査船は、上述の問題を解決する技術として、石油掘削で採用されているライザー掘削技術を高度化し、石油・ガス存在海域での科学掘削を可能とし、海底下の掘削深度7,000mを目指す能力を持つものである。当初は水深2,500m級の海域で科学的成果を得つつ運用データを蓄積のうえ、水深4,000m級でのライザー掘削を最終目標としている。

 

・計画提案者は、特殊試料採取システムなど科学掘削のためのライザー掘削技術の実現に不可欠な要素技術の研究開発に取り組んできている。今後その成果を反映させるとともに、システム化技術など日本が得意とする技術と掘削用機器など海外が得意とする技術を組み合わせ、また、今後開発される新技術を積極的に取り入れていくこととしている。

 

・「ライザー技術国際ワークショップ(1996年10月28〜30日横浜にて開催、センター、東京大学海洋研究所、JOIDES/TEDCOM共催)では、深海掘削に精通した内外の科学者及び技術者が共同で技術評価を行った結果、センターが提案するライザー掘削システムは実現性があり、また、水深2,500m級を経て水深4,000m級を目指す開発ステップが要当であるとの結論が得られている。

 

(4)統合国際深海掘削計画(IODP)

・IODPは、日本の地球深部探査船(ライザー掘削船)と米国の従来型掘削船(JR号の後継船又はJR号の改造)の二船を、統一した科学計画のもとで相互補完しつつ国際運用するものである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
550位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
18,338

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
9.OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から