日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



「海洋汚染・海上災害防止の手引き」

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会 注目度注目度5


III 廃棄物の排出と処理・管理

 船舶からの廃棄物の海洋への排出については、昭和63年12月31日にMARPOL73/78条約附属書Vの発行に伴い、わが国においても船内に発生する廃棄物の排出規制、特に日常系の廃棄物の排出規制が強化されました。
この規制の遵守を確保するため、国際海事機関(IMO)は、「MARPOL73/78条約附属書Vの実施のための指針」を作成しました。
さらに、附属書Vが改正され、船舶の大きさや最大搭載人員、航行区域により、廃棄物の排出規制の内容を乗組員や乗客等に周知するための掲示、廃棄物汚染防止規程の策定及び廃棄物処理記録簿の備え付けと維持が義務づけられました。
これらに基づき、わが国の規制を取り入れた廃棄物の排出と合理的な処理・管理方法をまとめてみました。

1 廃棄物量を最少に抑える措置

(1) 生活系廃棄物量の低減方法
 (1) 食料などの消耗品を一括包装することで、廃棄物の発生量を減らすことができます。
 (2) 使い捨ての食器などの使用に代えて、再利用できるものを使用するようにします。

(2) 運航関連廃棄物の低減方法
 (1) 使い捨てのプラスチック・シートを長期間繰り返し使用できるカバーにします。
 (2) カバー、ダンネージ、ライニング及び包装材の再利用を検討します。
 (3) 海洋での処分が必要となるような運航関連廃棄物は、荷役終了時に陸上受入施設に陸揚げします。

(3) 貨物残留物の低減方法
 貨物残留物は、荷役作業中貨物の脱落防止に注意を払うことにより低減することができます。脱落した貨物は、予定の貨物区画に収納するか、あるいは陸上の廃棄物受入施設に引き渡すようにします。

2 船内廃棄物の処理と保管方法

 船内の乗組員などによる日常系廃棄物の排出については、政令で定められた排出手続きに従って行わなければなりません。当該廃棄物の排出手続きの概要を次頁に示します。廃棄物の排出規制を遵守するためには、その内容を乗組員や乗客等に周知するため船内の見やすい場所に掲示することが望まれ、全長12メートル以上の船舶にはこれが義務づけられています。
 船内廃棄物の処理と管理に対する最適な方法は、船の種類や大きさ、就航海域、船内廃棄物処理装置及び保管スペース、乗組員数、航海期間、並びに寄港先での規則及び受入施設の有無といった要因により左右されます。
適切な処理と保管によって必要な船内スペースを最小限にし、また保管した廃棄物の陸上受入施設への引き渡しを容易にすることができます。

(1) 総合的な廃棄物管理計画
 船内で発生した廃棄物の取り扱いに関する手続は、4つの段階、すなわち、収集(分別)、処理、保管及び処分に分けることができます。船内で発生した廃棄物の取り扱いと保管を効率的に行うためには、4つの各段階における手続きと責任者をあらかじめ決めておくことが大切です。
 総トン数400トン以上の船舶及び最大搭載人員が15人以上である船舶では、廃棄物の取り扱い方法等を定めた「船舶発生廃棄物汚染防止規程」を策定の上、備え付けることが義務づけられています。

 

 

前ページ    目次へ    次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
119位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
105,221

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
2.「海難ゼロへの願い」海難防止用パンフレット(和文)
3.「Zero Marine Casualties」海難防止用パンフレット(英文)
4.「海難防止のつどい」チラシ
5.「みんなで守ろう『川』と『海』」絵で見る教本(子ども向け)
6.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」絵で見る教本(一般向け)
7.「海と安全」4月号(No.471)
8.「海と安全」5月号(No.472)
9.「海と安全」6月号(No.473)
10.「海と安全」7月号(No.474)
11.「海と安全」8月号(No.475)
12.「海と安全」9月号(No.476)
13.「海と安全」10月号(No.477)
14.「海と安全」11月号(No.478)
15.「海と安全」12月号(No.479)
16.「海と安全」1月号(No.480)
17.「海と安全」2月号(No.481)
18.「海と安全」3月号(No.482)
19.「海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から