日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



「海洋汚染・海上災害防止の手引き」

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会 注目度注目度5


2 作業上の一般的な注意


(1) 担当の作業責任者をはっきりさせておきます。

(2) 事前の打ち合わせを十分行い、作業員一人一人に、その作業分担及び作業要領を把握させます。

(3) 緊急時の応急対策について、十分話し合っておきます。

 (1) 緊急時の信号はどうか。
 (2) 電話連絡の場合には、その連絡先はどこか(海上保安庁の現地機関への連絡速報などを含める)。


(4) 作業中に起こり得る、あらゆる事態に即応できるように、十分な作業員を配置しておくとともに、作業分担を事前に定めておきます。


(5) 作業開始前に、船内設備や機器類の再点検と確認を行います。

 (1) 弁の開閉に誤りはないか。
 (2) パイプに破孔部や開口部はないか。
 (3) 油面計の作動は良好か。
 (4) ホースなどの長さは適当か。
 (5) 使用するホースやその接続部分(ナットの片締め、パッキン、フランジ等)の状態はよいか。
 (6) 油受皿やスカッパーへの木栓又はウエスなどによる施栓は十分か。
 (7) 使用後ホースを取り外したとき、取外し口にとりつける蓋の用意はよいか。
  カーゴラインは正(+)圧か。
 (8) エアパイプは開放されているかどうか。
 (9) オイルフェンス、油処理剤などの防除資器材が準備されているか。また、オイルフェンスが展張しているか。

(6) けい留索は、潮の干満、潮流、風や波あるいは喫水やトリムなどの変化に対応できるようになっているか確認しておきます。

(7) 作業責任者は、作業の開始時や修了時、荒天が予想される時など、とくに大事な時には、直接監督にあたるほか作業の進み具合の全般について常に気を配らなければなりません。

(8) 作業中は、各タンクの液面監視・チェックをひんぱんに行います。

(9) 作業を修了したときには、すぐに“油記録簿”に必要な事項を記入しておくことを忘れてはなりません。
 なお、油記録簿は海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律で3年間、船内保存となっています。

 

 

前ページ    目次へ    次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
119位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
105,221

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
2.「海難ゼロへの願い」海難防止用パンフレット(和文)
3.「Zero Marine Casualties」海難防止用パンフレット(英文)
4.「海難防止のつどい」チラシ
5.「みんなで守ろう『川』と『海』」絵で見る教本(子ども向け)
6.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」絵で見る教本(一般向け)
7.「海と安全」4月号(No.471)
8.「海と安全」5月号(No.472)
9.「海と安全」6月号(No.473)
10.「海と安全」7月号(No.474)
11.「海と安全」8月号(No.475)
12.「海と安全」9月号(No.476)
13.「海と安全」10月号(No.477)
14.「海と安全」11月号(No.478)
15.「海と安全」12月号(No.479)
16.「海と安全」1月号(No.480)
17.「海と安全」2月号(No.481)
18.「海と安全」3月号(No.482)
19.「海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から