日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



「海洋汚染・海上災害防止の手引き」

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会 注目度注目度5


 また、船舶の海難等によるものは、全体の海洋汚染発生確認件数の中に占める比率はそれ程高くはないが、平成元年3月のアメリカ・アラスカ州におけるエクソン・バルディーズ号の座礁・原油流出事故や平成9年1月の日本海におけるナホトカ号の折損・油流出事故等にみられるように、一旦事故が発生すれば、汚染の規模が大きく、海洋環境に与える影響が極めて深刻なものとなるので、これらを防止するため船舶、陸上施設にかかわらず日常の整備点検の励行、航行安全対策の推進等が必要となってくる。
 ここで、油による海洋汚染の中で多くを占めている取扱不注意による油排出事故はどのような状況で発生し、その不注意の内容としてはどのようなものが多いか、船舶からの油排出事故を中心に述べてみる。船舶からの油による海洋汚染293件のうち、取扱不注意による油排出事故は95件、約32%を占めており、油排出事故発生時の状況を作業態様別・原因別にとりまとめたのが第1表である。

第1表 取扱不注意による油排出事故の作業態様別・原因別状況(平成9年)

 船舶からの取扱不注意による油排出事故では、燃料油取扱作業中のミスによるものが最も多く、54件と全体の約半数を占めており、この中で補給作業中のミスによるものが35件、約37%、また、移送作業中のミスによるものが19件、約20%となっている。このほか、ビルジ取扱作業中のものが18件、約19%などが目立っている。
 船舶からの取扱不注意による油排出事故のうち、貨物油取扱作業中のものは、2件、約2%と全体に占める割合は低くなっているが、一度事故が発生すれば、大量の油が排出されることが多く、水産動植物等に対して直接被害を及ぼす等、海洋環境に与える影響が大きいものともなる。
 なお事故原因の状況をみてみると、そのほとんどが初歩的なミスによるものであり、燃料油取扱作業中の事故では、タンク油量の計測不適切によるものが25件、約46%と最も多く、次いでバルブ操作の不適切によるものが16件、約30%となっており、このほか、ポンプ操作不適切、関連機器点検整備不十分等が挙げられる。ビルジ取扱作業中では、バルブ操作の不適切によるもの及び関連機器点検整備不十分によるものがそれぞれ6件、約33%と最も多く、このほか計測不適切等が挙げられる。
 陸上からの油による海洋汚染は、第3図に示すとおり2件発生している。

 

 

前ページ    目次へ    次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
119位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
107,146

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
2.「海難ゼロへの願い」海難防止用パンフレット(和文)
3.「Zero Marine Casualties」海難防止用パンフレット(英文)
4.「海難防止のつどい」チラシ
5.「みんなで守ろう『川』と『海』」絵で見る教本(子ども向け)
6.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」絵で見る教本(一般向け)
7.「海と安全」4月号(No.471)
8.「海と安全」5月号(No.472)
9.「海と安全」6月号(No.473)
10.「海と安全」7月号(No.474)
11.「海と安全」8月号(No.475)
12.「海と安全」9月号(No.476)
13.「海と安全」10月号(No.477)
14.「海と安全」11月号(No.478)
15.「海と安全」12月号(No.479)
16.「海と安全」1月号(No.480)
17.「海と安全」2月号(No.481)
18.「海と安全」3月号(No.482)
19.「海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から