日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

空手道指導の手引

 事業名 空手道の普及振興
 団体名 全日本空手道連盟 注目度注目度5


つまり空手道の学習がどのように流れるかをその特性や単元のねらいに応じて工夫することである。例えば、基本動作・対人的技能・形技能・試合の中でどこに重点を置くかによって学習の流れの焦点が明確にされることになる。またそれらを段階的に行うか、集中的に行うかによってさまざまな学習過程が考えられる。いずれにしても、このように学習の流れの焦点を明確にして、それに応じた学習過程の工夫が必要である。

(5) 学習指導の展開

学習指導を効果的に展開するためには、それぞれの段階でどのような学習活動をさせるかの学習段階をしっかりと押さえなければならない。

学習段階を「はじめ」「なか」「まとめ」の3段階に分け、それぞれについて考えてみる。

まず、「はじめ」の段階では、教師の指導計画を理解させるために、学習活動の進め方や施設用具の準備のしかたを明らかにすることが必要である。また、児童が自分たちの学習計画を持てるように学習集団の構成や役割についての配慮も重要である。

次に、「なか」の段階では、児童の学習活動を主体とし、教師は練習のしかたや要点を良く理解できるように指導すべきである。つまり、教師は児童が効果的に学習活動を進めるための指導助言を中心に行う。そのためには、学習内容と学習活動を具体的におさえておく必要がある。また、児童のさまざまな学習活動に関する教師の対応のしかたなどをあらかじめ予想しておくことも大切である。

「まとめ(整理)」の段階では、「はじめ(導入)」「なか(展開)」の段階で行われてきた学習の成果をどのような活動の方法で確認するかを示し、さらに学習活動の総まとめをすることである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
142,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.「第26回 全日本空手道選手権大会」パンフレット
2.「第26回 全日本空手道選手権大会」成績
3.「世界選手権大会」報告
4.「アジアジュニア空手道選手権大会」報告
5.「空手道の普及振興」の報告書
6.全日本なぎなた選手権大会
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から