日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


以上のような多少どちらかに偏した議論であるが、どちらがより正しいかは明らかにすることはできない。かつて、ボンガーツ(John Bongaarts)はあまり楽観すぎることも悲観すぎる見解はとるべきではなく、適度に楽観ないし悲観が望ましいと言った。しかし、21世紀の展望はますます不透明さを深くしている。

 

残された50年

前途に対する不透明さの要素はふえる一方だが、一寸先が見えなくなったわけではない。それは人口の分野における明るい展望である。1992年の推計では2050年の世界人口は100億であったが、6年後1998年推計では89億と下方修正が国連によって行われた。11億の下方修正は人類の前途にとってプラスの指標である。下方修正の重要な要因である出生力の低下は、従属人口指数の著しい低下を21世紀の前半にもたらすことになり、危機の重圧を緩和し、望ましい対策の促進を可能にすることになる。

しかし、反面において過去における高出生率は若い人口の激増―それは雇用拡大に成功すれば成長の活力となり、雇用機会の造成に失敗すれば社会不安をひきおこす―、と人口の高齢化をもたらすことを忘れてはならない。世界人口に占める65歳以上人口の割合は2000年には7%、2050年には15.1%(日本の現在の水準)に達することが推計されている。さらに、人口増加率の低下は予想されてはいるが、21世紀前半の半世紀はなお膨大な人口増加が毎年追加されることは、特に重要な考慮を要する点である。

世界人口はまもなく60億に達しようとしている。アジアの人口も37億に接近しようとしており、60%以上を占めている。その中で注目を要するのは中国とインドの2巨大人口国である。中国人口は2000年には12億7600万、インド人口は10億680万と推計されているが、両者で22億8000万の巨大人口である。この2ヶ国の人口はヨーロッパ人口の3倍を超えている。アジア人口の62%をしめている。いいかえれば、アジア人口は世界人口の61%、中国、インド人口はアジア人口の62%をしめている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
101,412

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から