日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


人口の大きさの観点から、アジアは世界を、中国、インドはアジアを代表するばかりでなく、その人口行動はそれぞれの地域を反映し、また他の地域への波及といった影響をもっている点において重大な存在である。

事実、アジアは人口政策、特に家族計画による出生抑制において世界を牽引する役割をもってきた。1963年の第1回アジア人口会議は国連の場での人口コントロール論のタブーを打破したが、インドは指導的役割を演じた。アジアにおける人口増加抑制政策の全面的な合意が世界の統一行動への前進に大きく貢献したことはいうまでもない。

アジアにおける人口転換の完成は日本によって実現されたが、やがて若干の時間的おくれをみながら東アジア諸国に、そしてさらに東南アジア諸国に急速に波及していった。東アジアではモンゴリアを除いてすべて合計特殊出生率が置換水準以下の低水準に達している。東アジア全体の指標も1.88で置換水準以下にある。開発途上国でこのような出生力の劇的な低下は全く予想されなかった。東南アジアにおいてもシンガポールとタイは置換水準以下の出生力を達成している。この地域のその他の国々にもそれぞれ低下傾向をたどっている。

インドの位置する南・中央アジアではスリ・ランカのみが置換水準直前の出生力低下を実現している。この地域の大国インドではなお3.39の高い合計特殊出生率を示している。しかし、1970―1975の時期には5.4であったから、20年間に平均子供数は2人減少したことになり、注目すべき成果をあげている。インドは戦後いち早く家族計画政策を政府の政策としてとりあげた先行国で有る。宗教、地方分権、多言語、カスト制度等いくたの困難な諸条件下での家族計画の民衆への浸透は決してよういではなかった。末端行政における行き過ぎた一部の行動は政治上の混乱、家族計画行政の停滞をひきおこした。このことはインドにおける出生力低下の速度を鈍化させた。

しかし、最近における着実な出生力低下はさらに持続することは確実である。1992-93年のインドの全国家族健康調査(National Family Health Survey―NFHS―)によると、13-49歳の既婚女性の平均希望子供数は2.9人であり7)、現状はなおかなり高い。他方、インド経済は浮上傾向を示しており、特に南部における先行地域の経済発展は、インドの出生力低下を推進することがよそうされる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
101,431

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から