日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第60号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


026-1.jpg

中之又神楽の鹿倉舞は三つの谷の鹿倉神が奉納する。

 

026-2.jpg

鹿倉舞の稲荷神。稲荷も山の神である。

 

中之又神楽は、毎年、十一月の最終土曜の午後から日曜の朝にかけて開催される。この日、中之又地区の七つの谷から、中之又神社への村人が集まって来る。中之又の七つの谷には、それぞれ屋敷原、筧木(ひゆうぎ)、中野、板谷、魂所(こぶところ)、松尾の集落がある。中野に中之又神社がある。松尾集落はすでに無人となっている。古くは、それぞれの谷の「鹿倉神社」から鹿倉様が中之又神社へ向かって下ったというが、現在はその習俗は消えている。

神楽は、神事の後、夕刻に始まる。

中之又神社の拝殿の横に神屋が説えられ、そこで、終夜、神楽が舞われるのである。神屋の背後には高い注連(しめ)飾りが飾られ、五色の御幣で飾り立てられている。そこが神の降臨する場である。境内には火が焚かれ、その火の粉が、欅の高い梢まで舞い上がる。村人が作る蕎麦や山菜おこわが売られ、焼酎が酌み交わされる。火の色が村人や観客、登場する舞人などを染める。

中之又神楽は、米良神楽系といわれ、鬼神、荒神、柴荒神、大社、祝神、天神などの仮面を付けた舞が舞い進められる。仮面の舞の前後には、面を付けない静かな舞や、刀を採り物とした重厚かつ勇壮な舞、弓を採り物とした剽悍な舞などが舞われる。直面(ひためん)(仮面をつけない)の静かな舞が招神の舞で、仮面の舞がその土地を守る神、または土地を治める神などが降臨する場面だと思われる。

神楽が中盤にかかるころ、緑色の面を付けた神が二体、まるで狼のようなすさまじい顔付きの面を付けた神が一体、舞い込んで来る。これが「鹿倉舞」である。鹿倉舞を舞うのは、前述したそれぞれの谷の鹿倉様である。村人は鹿倉様を山の神様ともいう。まさに鹿狩りの神が、神楽の場に出現(降臨)するのである。

米良山系の神楽は、その昔、懐良親王が菊池氏とともに落ち延び、米良山中に隠れた時、都から随従してきた宮廷の舞人たちが親王の無聊を慰めるために舞ったのがその起源だと伝えられている。だとすれば、米良山系神楽の起源は南北朝時代だということになるが、その都ぶりの神楽に、ここ中之又では鹿狩りの祭りが習合しているという解釈が成り立つ。同じく米良神楽系の銀鏡(しろみ)神楽は中之又から山一つ越えた西都市銀鏡地区に伝わっているが、そこでは、中世あるいは近世初頭の様式を伝える神楽猪狩りの祭りとが習合しているのである。米良山系の神楽こそ、九州山地の古層を伝える神楽であるといえよう。

中之又神楽は、このあと、演目が岩戸神楽へと移行してゆき、夜明けを迎える。山の端が白み始めるころ、はらはらと雪が落ちてくることもある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
817位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
12,081

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第58号
5.自然と文化 第59号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から