日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第58号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


谷川…私は「吉田東伍博士追懐録」(大正八年刊)の付録に載せられた吉田東伍の歌『松雲詠草』を見ていましたら、その中に北海道にてという歌が載っていました。それに「思ひきや忍路のうらの苫の家のつまなしの實の秋のかなしき」「遠くとも逢はで止まめやおかもひの岬さへ今は越え渡る世に」不思議な歌です。「おかもひ」は「おたもひ」の誤植と思います。忍路は美国の近くです。

渡辺…北海道に渡ったということをどう見るかということですが、大志を抱いて渡ったとする積極的評価と、もう一つは何かから逃避するために渡ったのではないかとする見方がある。どちらにもとれるのです。当時、改進党は選挙で大敗するわけですが、そういう絡みもあるのかなと考えてみるのです。

谷川…この歌は個人的な事情が伏在しているような気がします。

北海道時代に北海道から帝国大学史学会ヘ投稿している。

渡辺…地元(北海道)の新聞などに投稿しているのですが、前半と後半で投稿の内容の傾向が変化するのです。前半は政府の北海道政策を批判するアジテーション、政治的色彩の強いものでした。後半、史学会に入ると、もっぱら史学に関するものを投稿するようになって、アジテーターとしての色が失せる。田口卯吉に対する反論を雑誌『史海』に投稿し、田口の反応を見極めた時点あたりから東伍の心境に変化があったのではないかと予測してみるのです。

谷川…歴史への関心がここで生まれたと考えられます。

 

◎未完成の小川弘『日本国邑志稿』◎

谷川…次の問題ですが、北海道から上京して市島謙吉方に身を寄せ、読売新聞に入る。その後二年で膨大な『日韓古史断』を出版する。半年ぐらいで書いたということを聞いたことがあります。

表面的な年譜を追いかけると一年、二年毎に切れていきます。しかし底流では『安田志料』から『日韓古史断』を出すことまで一貫して緊がっている。素養もなければ蓄積もない一青年が、突如としてこういう本を書くということは、どう理解したらいいのでしょう。家系というか家の雰囲気というかそういうものが背景になければ、普通の人間にはなかなかできないです。

井上…東伍は江戸時代の文人のタイプだと思います。専門などというものにこだわらず、関心のおもむくまま、 いろんなことに興味を抱く。母方の五泉の和泉家は、酒造はじめ手広く商売する一方で、代々国学・和歌をたしなんで、歌集を刊行している。そういう伝統も受け継いでいます。

渡辺…旗野木七も和歌です。

谷川…坂口安吾は新潟で生まれ、お父さんは有名な漢詩人でしたね。東伍とどうした関係になりますか。

渡辺…坂口仁一郎(にいちろう)(五峰(ごほう))といいます。東伍は日清戦争の際に読売新聞の従軍記者を志願するのですが、五峰が海軍に口利きをしているのです。東伍と年齢差はありましたが、五峰が広島の大本営に天機奉伺で出入りしていたので、たまたま東伍と会うのです。

井上…東伍と五峰は、学統の面で同じ流れにいます。東伍の名が、五峰が後に社長となった「新潟新聞」に初めて載るのは明治十六年(一八八三)五月二十六日で、まだ「旗野東伍」です。父の異母弟で義父でもあった旗野十一郎の叔父小川心斎の『策府』刊行の責任者としてです。東伍は心斎の学問を知り、その系譜にあることを自覚していたと思います。心斎は新発田の丹羽思亭の高弟でした。

安田に近い新発田藩の藩学は、朱子学の中でも厳格なことで知られる山崎闇斎学派で、他の学派は禁じていました。そこに学んだ丹羽思亭は、堅苦しい闇斎学に飽き足らず、江戸に出て松崎慊堂に入門します。慊堂は渡辺華山の師として知られるように幅広く実証的な学風でした。思亭はさらに慊堂のすすめで幕府儒官林家に師弟の礼を取りますが、これが闇斎学にこだわる藩校道学堂の教授たちの逆鱗にふれ、藩を追われて、城下の塾で在野の人材を育てることに専心します。門下で特に聞こえた一人が小川心斎であり、もう一人が大野恥堂です。恥堂の愛弟子が坂口五峰でした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
371位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
27,478

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から