日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第58号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


◎山林地主の家に生まれた東伍

 

谷川…高橋義彦と吉田東伍は兄弟ですが、双方の苗字が変わっていますね。

渡辺…吉田東伍は、元治元年(一八六四)、当時の保田町村(やすだまちむら)(現在の安田町大字保田)で旗野木七(はたのきしち)・園子(そのこ)の三男として生まれました。四男に三代三郎(みよさぶろう)がいて改名して義彦になるのです。義彦は、今の新潟市、中蒲原郡大形村海老ヶ瀬(えびがせ)の大地主高橋(たかはし)家に養子に行きます。東伍は阿賀野川対岸にある今の新津市大鹿の吉田家へ養子に行きます。

谷川…吉田東伍はペンネームのような感じがするのですが、実名なんですね。とするとをつけた父親はかなりの教養人ですね。

渡辺…木七さんは古樹(こき)という号を持って和漢の詩を作っていました。能書で知られた地元のインテリ、苗字帯刀を許された山林地主です。

谷川…東伍の経歴を見ますと、十二歳で新潟の英語学校へ入学し十三歳で退学し、郵便局や役場の手伝いをする。それは経済的な問題が背景にあるのですか。

渡辺…博物館においでになるお客さんにもよく質問されるのです。東伍は独学だという話だけど、貧乏で学校へいけなかったのですかと。しかし旗野家は地主です。所有耕地、田畑は三百五十町歩程度と、この地方の地主としてはそれほどでもないのですが、山林が三千七百町歩もありました。

 

006-1.gif

明治末期のころの東伍の生家(左の家屋)

 

006-2.gif

新潟英語学校時代の東伍
(1877年2月17日撮影・12歳)

 

006-3.gif

新潟英語学校校舎

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
371位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
27,478

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から