日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

豪雪地 渋海川流域の民家とその環境

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


第4節 仙田の神社とお堂

 

仙田地区では神社ごとの氏子の繋がりが根強く残っており、集落における祭事や年中行事、神社の管理などは氏子を中心に行われてきた。しかし日本経済高度成長期以来の急速な過疎と高齢化により大切にされていた伝統的文化が薄れつつある。仙田地区13集落のうち2集落は廃村という結末を迎えており、社寺も荒廃の一途をたどる。その他の11集落も過疎の及ぼす影響は大きく、その存在を忘れられつつある社寺建築が多い。今回の調査報告は実測調査で得られた建築資料等をもとに仙田地区の社寺建築の現状把握と建築年代の推定をおこない、仙田地区の社寺建築に、いまだ確立されていない近世社寺建築の複合社殿の本殿・拝殿についての定義がどのくらい行えるか考察し、その価値を見い出すことを試みる。そして仙田地区の社寺建築を今後どのようにして保存していけるか考える。

 

1 仙田地区社寺建築の現状

まず神社の現状について説明する。仙田地区には15件の神社がある。屋根は以前に茅葺きだったものもトタン葺き、瓦葺きにかえられている。神社の管理状況についても仙田地区の住民はそれぞれ氏子当番を決めそれぞれ管理をしている。また仙田地区神社には数多くの石碑が存在する。実測調査のさいに見られたものは石碑・石像・墓石の3種類である。

次に堂についてである。仙田地区には堂が9件、寺院が1件ある。屋根はすべてトタン葺となっている。堂の管理は個人が管理している場合が多い。石碑、石像、墓石等がみられた。

仙田地区の神社、堂の両方がそれぞれ最低限の管理がなされており、住民にとっての社寺に対する認識の強さがうかがえる。

次に御神体・本尊の移動状況についてである。川西町仙田地区13集落(内2集落廃村)で現在、神社・堂の建物は残っていないが、その御神体や本尊などが残っているケースが多いことがわかった。聞き取りと文献(川西町史)から、廃社等となった数は、神社が3件、堂が11件の計14件となっている。

 

052-1.gif

室島氏子の分布図

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
696位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
13,969

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.越前大野の城下町と町家
2.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
3.自然と文化 第58号
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から