日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船舶観測データの集積・伝送システムの開発 その3

 事業名 海洋観測データの集積・伝送に関する研究開発
 団体名 日本水路協会  


第1章 事業の概要

 

1.1 事業の目的

 

現在、船舶で観測された各種海洋情報・データは、観測作業後、船舶乗組の人手を介しての読取・記録・電報起案、通信士による発信、陸上で電報受信後、形式変換・海洋情報システム等に改めての入力等の処理手順を経てようやく関係方面への提供・利用となる。

本開発研究では、観測データのリアルタイム集積・伝送を、自動化できるシステムを試作開発することにより乗組員の業務の軽減と多量なデータの迅速な収集が可能となり、船舶電話の通信衛星移行による船舶電話サービス等の新しい伝送手段を採用することで、より新鮮で確度の高い海洋情報・データの提供に寄与し、もって学術上の進歩発展、船舶航行の安全及び海難の防止に資することを目的とするものである。

 

1.2 事業計画の概要

 

本システムは、船舶で観測、測定する海流・水温等の海象要素、気圧・気温等の海上気象要素の各データと船位・時刻データとを自動的に集積し、Nスターやインマルサット等の衛星通信系により陸上に伝送し、また陸上からの指令に応じてデータを伝送させる機能を有するものである。

平成10年度は、3年計画の最終年度として前年度に引き続きデータ集積・伝送装置の試作を実施し、完了した。

全システムを海上保安庁水路部所属測量船「拓洋」に仮搭載し、横浜から神戸までの5日間実海域での総合システム評価試験を行い結果を検討した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,187位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
1,121

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「海洋観測データの集積・伝送に関する研究開発」の報告書
2.国際海洋情報資料集(MIRC Science Report,No.1,1998))
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から