日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第4章 ヨーロッパ地方自治憲章とロシアの地方自治法

―地方行財政の自主権をめぐって―

 

1 はじめに―本稿の課題とロシアの地方自治の現状について

 

(1)

 

近代ヨーロッパの立憲主義の伝統への合流、あるいは「人権、民主主義、市場」を基礎とする自由主義的世界との提携をめざすロシアは、1996年にヨーロッパ評議会に加盟し、同年2月28日にはヨーロッパ地方自治憲章について署名した。ヨーロッパ人権条約への加盟と併せて、このヨーロッパ地方自治憲章への参加は、EUとの関係強化をめざすロシアにとっては、ひとつの大きな画期をなす出来事ではあった。

ヨーロッパ地方自治憲章(以下、単に地方自治憲章とも表記)への署名の議会による批准は、1998年3月20日(上院は4月1日に同意)にまでずれ込み、4月11日付の大統領の署名によりようやく発効する運びになった(1)。この間の事情について、いまその詳細を語る用意はないが、ロシア国内における地方自治法制や93年憲法にうたわれた地方自治制度の確立過程が混乱を伴って進行していたこととおそらく無関係ではないであろう。そして、この批准は、国内での地方自治確立のテンポを速めることを要請し、地方の自主性を志向する勢力からの抵抗をも生起せしめるという、西欧志向勢力にとってはプラス、マイナス両側面からの刺激要因ともなったのである。

体制移行期におけるロシアの地方自治法制は、1991年の地方自治法の制定とそのモラトリアム、1993年の憲法の制定、1995年の地方自治法(「地方自治の組織の一般原則に関する法律」)(2)へと推移するのであるが、この一連の過程とヨーロッパ地方自治憲章の署名・批准の過程は、時期的にオーバーラップしており、ロシア国内での立法過程において、地方自治憲章が参照され、指針とされたであろうことが当然に予想される。そのことは、立法過程での議論やエリツィン大統領の地方自治に関連しての発言のなかで、時にこの地方自治憲章への言及が見られるところからも推察しうるところである。

とはいえ、この週程はそれほど順調に進んでいるわけではない。地方自治に対する消極的対応やその範囲をできるかぎり狭めようとする傾向は、ソビエト制の伝統の名残りやそれに依拠せざるをえない地方政治の担い手たちによって、根づよく維持されているからである。地方自治憲章は、ロシアがそれに署名したところから、それを大義名文とした中央権力の地方政策と自主独立を志向する構成主体の指導層との対抗の構図のなかにもその位置を見いだすことになったといえよう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
711位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
14,161

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.地球温暖化防止に向けての地方公共団体
3.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から