日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地球温暖化防止に向けての地方公共団体

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


そこで、国内対策による温室効果ガス削減計画の目標は、残り4.2%となる。

現段階ではこの実現に向けて、

・省エネ促進

・原発の増設

・新エネルギー開発(風力、太陽発電など)

・国内の植林

・サマータイム制度などエネルギー少消費型の生活習慣への移行などのほか、あらゆる施策の可能性が検討されている。

これらの多くのものが、地方自治行政にかかる施策と言えるが、エネルギー関連はどちらかといえば通産行政、植林などは農林行政あるいは環境行政が中核であり、中でも「省エネの促進」や「エネルギー少消費型生活への移行(エネルギー多消費型生活の転換)」が、地方自治行政と大きな関連性をもつと考えられる。

 

3 地方公共団体の取組(都市計画を中心に)

 

(1) 長期計画フレーム

 

ア 過大に見積もられるフレーム

 

各地方公共団体の長期計画フレームは、これまで戦後50年間一貫して人口増、経済成長が続いてきたため、おしなべて将来の成長を前提に推計されている。しかし、主として少子化のため、近い将来わが国全体の人口増は頭打ちになり、それに続いて住宅建設などの基盤整備需要も逓減してくるものと予測される。

基本計画のフレームは、地方公共団体のすべての計画のもととなるため、多めに見積もられた将来フレーム(人口、産業)を元に、都市計画(道路計画、下水道計画等含む)、宅地計画、産業の受け皿整備計画、義務教育や文化施設計画などの計画が策定されることになり、人口や産業集積が将来計画に達しなかった場合にはこれらの社会基盤投資が過大となり、むだなエネルギー消費を増やす恐れがある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
21,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
3.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から