日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地球温暖化防止に向けての地方公共団体

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


(イ) 温暖化防止手法のひとつ

 

将来、本当に温暖化が進んだ場合に備え、それを防止するあらゆる方策が検討されている。その中のひとつとして、米国の一部の宇宙航空分野の研究者が提案しているのが「成層圏への硫酸ミスト(エアロゾル)の散布」という乱暴な手法である。(このほかにもアルミを蒸着した巨大な「日傘」を人工衛星軌道に打ち上げて日陰をつくるというアイデアもある。)

エアロゾルの日傘効果によって温室効果を相殺しようというアイデアで、その最も大きなメリットは、植林や人口抑制、化石燃料の消費抑制などの他のあらゆる方策よりもコストが安く実行しやすいということである。

しかし、酸性雨の被害増加など、それによって派生する他の環境問題の方が大きくなる恐れや、予想を超えた大きな地球的規模の環境被害を引き起こしかねないため、現実には実行すべきではない、という意見が支配的である。これに対する再反論としては、「過去何回かの大規模な火山爆発で短期的に地球が冷やされることがあっても、これまで地球生態系は復活を遂げてきたので、やり方を加減すれば大丈夫である。何よりもこれから近代化を進める途上国の化石燃料消費を無理やり押さえつける事なく実施できるところにメリットがある。」というものである。

いずれにせよ、いまだ仮説の域を出ないものであるが、常識的には「さらに大きな環境破壊の恐れ」の方が現実味を持っていると考えられる。

 

2 温室効果ガスの削減にかかる近年の動向

 

(1) 国際的な取組の枠組み

 

今日、温暖化防止、とりわけ温室効果ガスの削減について、国連をはじめ様々な場で国際的な取組の枠組みづくりが進んでいる。

数ある地球環境問題の中で、なぜ最も客観性の薄い温暖化対策について国際的な枠組みづくりへの取り組みが多く議論されているのであろうか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
21,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
3.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から