日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地球温暖化防止に向けての地方公共団体

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


・有害化学物質汚染

・オゾン・ホール

などであるが、これらは相互に密接に関係している。例えば、酸性雨は種の絶滅や砂漠化の引き金となり、熱帯林消失は種の絶滅や砂漠化をもたらす。また、熱帯林消失や砂漠化は地球温暖化を促進すると考えられている。

これらの地球環境問題のうち、地球温暖化以外の現象については、かなり明確にその影響を明示的に観察、観測、あるいは身近に感じることのできるものであると言える。すなわち、砂漠化や熱帯林の消失は航空写真や人工衛星からのリモートセンシングによって、酸性雨や生物種の絶滅、有害化学物質汚染は現地での直接的な観察や観測、測定などで確かめることができる。

しかし、地球温暖化は、100年単位で全地球の平均気温がわずかに上昇する、あるいは地球上の各所の気象変動に未知の影響を及ぼすといったもので、時間的にも空間的にも他の地球環境問題に比べて直接的な現象として把握することが最も困難な現象であると言えよう。

 

(2) 地球温暖化と温室効果ガス

 

ア 二酸化炭素

 

今日、地球温暖化の原因となる様々な現象の中で、確実に(化学的かつ実証的に)把握できることとしては、

・二酸化炭素などの温室効果ガスの大気中濃度の上昇

(ほとんどの研究が唯一ハワイの天文台の観測データを根拠としてる)

・森林面積の減少

の2点があげられよう。

このほかにも既知、未知を含めて多様なメカニズムが温暖化と関連しているとされるが、いずれにしても温室効果ガスの濃度上昇は、温暖化にかかる他の多様な変数の中のひとつに過ぎないのである。にもかかわらず、なぜ、今国際的な枠組みづくりの中で、とりわけ先進国が温室効果ガス削減に熱心かというと、一つには温室効果ガスの影響が他のメカニズムに比べて大きいのではないかと見られていることもあるが、その背景には「化石燃料の消費」と「先進国と途上国との貿易」という極めて現実的で社会経済と密接・広範に関わる分野に直結しているからと言っても過言ではない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
485位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
21,446

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
3.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から