日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


編集あとがき

 

科学技術の進歩は聴覚障害者に大きな福音をもたらす可能性を持っています。

人工内耳はまだ完全なものでは無いと思いますが、これまで治療が不可能とされていた中途失聴者の多くに聞こえをとりもどさせ、聴障者に大きな希望を与えつつあります。一方エレクトロニクス等の科学や技術の進歩が補聴器をはじめ補聴援助システムの中にも取り入れられ、重度難聴者に補聴器や人工内耳活用の可能性を広げてきています。人工内耳や補聴器の効果を高める援助システム、教育やリハビリの手法についてもさまざまな研究や実践が行われています。これらの成果が多くの失聴者、難聴者に役立つようにと願い、知識の普及と啓発、専門分野の連携が進むことを願って、このシンポジウムと冊子の発行を企画しました。聴覚障害を克服する為の最前線の知識を総合的に提供したいと考えました。

執筆やシンポジウムにご協力いただいた各氏にお礼申し上げます。(編集委員)

早くから準備に取り組みましたが、原稿の編集がぎりぎりになり、全体的な調整ができませんでした。読みづらい点もありそうですが、ご容赦おねがいします。(山田)

母の介護で締め切りギリギリとなり、資料集に一つの汚点を残しました。申し訳ない。

シンポジウム当日補足したものを配付させていただくつもりですので、ご了解いただきたい。(遠藤)

病院や高齢施設では聞こえない人への対策が特に必要ですが、このシンポジウムで理解が広がり、対策が前進することを願っています。 (大上)

難聴になった時、聞こえるようになりたいと努めた。聞こえるようにはならないと諦めた時、障害者ということを受け入れることができた。そして再び聞こえるようになるのでは?と希望を見出している。(小丸)

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
101,177

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から