日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


る中で、充分に自分探しする経験が有るか無いかは、人工内耳を装着しはじめてからの心理的安定にも大きく関わっていると思います。

 

同障者との交流と障害受容

詩人で書家の相田みつを氏の詩に「途中にいるから中ぶらりん 底まで落ちて地に足が着けばほんとうに落ち着く」というのがあります。「聞こえていた自分」と「難聴になった自分」、どちらの自分にもなりきれず、その間で揺れ動き迷い乱れてしまうことは、聴覚障害だけでなく中途障害者共通の苦しみなのかも知れません。「底まで落ちて」というのは、“欲や見栄を捨てありのままに自分を受け入れたとき”という意味で、どちらの自分が上か下かといった話ではもちろんありません。地に足を着け、ほんとうに落ち着くことは実に難しいことです。

これこそ、体験した方にしか本当のところは理解できない領域のことだと思います。もし私自身がその立場に立ったときに、聞こえなくなった自分を“当たり前の私”として受け入れられるかどうか確信はありません。ただ、困難なことではありますが、障害を負ってからもそれを受け入れ、積極的に自分らしく活躍してらっしゃる難聴の方がいらっしゃるのも事実です。

以前、難聴のことで困りだしてから4年以上(平均17年7月)を経過し、引きこもりから脱却し、様々な社会的活動に参加されている20代から70代までの中途難聴者38名(男9名、女29名)を対象に、アンケート調査を行ったことがあります。その中に「難聴になって以降で、新たに友人ができたきっかけを教えて下さい」という質問がありました。そして、その問いに対しては32人から回答がありました。結果は、「積極的に工夫しながら友人作りをした」という方はわずかに3名(9.4%)だけで、「仕事を通じて」とか「子どもを通じて」などの回答も多くありませんでした(21.9%)。そして最も回答が多かったのは、手話講習会や読話サークルなどの「同障者との交流」であり、実に68.8%が友人のできたきっかけにあげていました(図2)。これはもちろん難聴者としか交流をしないという意味ではありません。その後の様々な交流の契機になったという意味です。

 

図2 友人ができるきっかけ

087-1.gif

 

私の相談事例の中に、補聴器の使い方や読話、筆談などを通じて職場からの信用を回復した中度難聴の方がおられました。その方が聴覚障害者のための手話講習会に通いだしたころ、その講習会を「ほっとできる場所」とおっしゃったことを良く覚えています。きっとその方にとって、手話講習会は新たなコミュニケーション手段を学習すると言うこと以上に、同じ障害の仲間との交流がスタートしたということに意味があったのではないかと思います。

講習会の仲間の中には、聞こえないながらも既に社会で活躍している人生のモデルとなる先

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
101,209

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から