日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


なっていました。しかし、最近Clarionのシステムで、SAS(simultaneous analogstimulation)という方式が開発され、実用が開始されています。この方式は回路の改良により各チャンネルの同時アナログ刺激でもチャンネル間の干渉を最小限におさえたもので、低音域のチャンネルでは低周波数の、高音域のチャンネルでは高周波数のアナログ波形が同時に入力されます。現在までの結果ではSASは従来のCISよりさらに高い語音弁別が得られる場合があると報告されていますが、これも現段階ではCISとSASのどちらが確実に良いとは言えず、患者さんの使用感による選択もほぼ半々に分かれています。

 

4)機器の小型化、MRIへの対応など

人工内耳では語音の符号化だけでなく機器の様々な改良がなされていますが、その中で最も代表的なものが機器の小型化です。人工内耳を装用している方の不満で最も多いものの一つが、機械が大きくて目立つという事です。これについてはプロセッサを小型化して補聴器同様に耳掛け型にしてしまう事が可能になり、各社とも近年中に導入予定です(図7)。ただし、現実的には幾つかの問題もあります。ひとつは費用で、保険でカバーされるのは箱形のスピーチプロセッサか耳掛け式かのいずれかのみになると予想されますので、実際の生活で両者を使い分けるためには、どちらか一方は患者さんが自費で購入しなければならなくなると予測されます。また、耳掛け式のプロセッサの電源は小さな電池で使い捨てになります。1個の電池で約80時間連続使用できるとされますが、箱形で再充電可能な電池を使うのにくらべるとお金がかかります。語音の符号化が高度になれば、消費電力が増え、もっと早く電池が減る可能性もあります。

 

図7

041-1.gif

 

従来、人工内耳はMRI(磁気共鳴画像法)で壊れる可能性があるとされていましたが、これについては、すでに現在用いられているコクレア社の22ミニシステムはMRI耐性となっています。ただし、MRI撮影に先だって局所麻酔の小手術で体内部分の磁石をとりだ必要があります。こうするとMR画像に対する影響も最小限で充分鮮明な画像がえられます。磁石は撮影後にもとにもどします。ただし、これについてはMRI撮影に際して、いちいち磁石を摘出するのは不便であるとの考えもあり、そのままで、出来るだけMRIへの影響が少ないシステムの開発を考えるメーカーもあります。いずれにせよ、MRIは現在の医療では非常に広範囲に行われる検査なので、人工内耳をつけていてもこれが受けられるようになってきたことは患者さんにとって大きな進歩です。最後につけ加えますと、CT撮影は人

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
101,209

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から