日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

舶用品製造事業場等における品質管理体制に関する調査研究報告書

 事業名 舶用品製造事業場等における品質管理体制に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


5. 事業のまとめ

 

5.1 はじめに

 

昨今のように市場が低迷して需要が減少したり、要求仕様の多様化等により同じものを多量に生産できなくなってくると、これまでのような生産体制の維持が困難となり、併せて企業合理化の手段として、外注のウェイトを高めて生産分散が行われるようになってきた。また、アウトソーシングといわれるように部品の海外調達が企業のグローバリゼーション化とともに急増している。

このような社会的背景の変化の中で、舶用品の製造事業場としての実態や従来型の認定事業場制度の在り方や存在意義の見直しを行い、是正の必要の有無やその個所を調査結果に基づいて検討した。

まず始めに改善策の検討を行うに際し、安全な製品を作るための特性要因全体について検討した。

 

製品の安全性確保のための要因は図5.1の特性要因図のようになる。これを要約すれば、

a)規則に適合する適性な材料と設計(技術基準)

b)目論まれた品質を具現化するための適切な手段による製造(製造管理基準)

c)製造された品物の品質を確実にするための検証(製造検査)

d)製品が使用されている期間中、性能維持のための適性な整備(使用中の検査)となる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,647位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
1,866

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.「舶用品製造事業場等における品質管理体制に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から