日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤動作の防止に関する調査研究報告書(中間報告)

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


11. 誤作動防止対策

 

誤作動防止対策の対策案は次に示すことを基本方針とした。

機器の設計時におけるノイズ対策の基本的事項

(1)ノイズ発生源の抑制

・伝送路のインピーダンスを下げる。

・伝送路のインピーダンスを整合する。

・極力低速デバイスを使用する。

・プリント基板内の大電流高速デバイス(CPU等)の供給電源の高調波を除去する

・発振回路の高調波を除去する

(2)ノイズ伝搬経路の遮断

・機器―電源線、信号線が接続されている境界にフィルターを挿入する。

・機器を金属体で電磁的にシールドする。

・開口部等はシールドを損なわない様な処置をする

・開閉部の電気的接触を良好にする

(3)ノイズ耐力の向上

・ノイズに強い部品や回路を選択する。

・素子の感度を極力下げる。

供試品に対する基本的なノイズ対策

(1)有効な信号周波数成分とノイズ周波数分布を調べる

・問題となる不要ノイズと有効信号の周波数成分を測定し、機能させるために必要な信号とノイズの判別を行なう。

・結果からフィルターによる対策の可否を見極める。

(2)ノイズ発生、侵入のメカニズムを調べる

・ノイズ発生源及び侵入源はなにか、どのような伝導経路になっているかを調べる。

(3)シ千ルドによる対策とグランドの強化

・グランドの強化を行なう。

・空間伝導に対してはシールドを行なう。

(4)導体伝導に対してはEMIフィルターなどの対策部品を使用する。

対策例

(1)I/Oラインのノイズ対策…I/Oケーブルや内部配線からの放射防止

(2)高速信号のノイズ対策…高速信号の不要な高調波抑制

(3)DC電源のノイズ対策…DC電源経由ノイズの流入・流出防止

(4)AC電源のノイズ対策…AC電源コードを通じたノイズ流出放射防止

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
863位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
11,191

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究」の報告書
2.舶用品製造事業場等における品質管理体制に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から