日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


ケーブルに合った電線貫通金物やコネクタなどが使用され、確実に締め付けられ、シールド線やがい装の接地が完全に行われ、パテ(油性)で防水処理などが施工されていることを確認する。

機器と電源配電盤間の導通点検は、規定の電圧が供給されるように配線されているか、ヒューズの容量は適正か、直流の場合は極性が合っているかなども点検する。

同軸ケーブルの心線とシールド線がコネクタ内で短絡していたり、曲がり部分が溶接の熱で短絡していることもあり、時には電線に釘を打ち込まれた事例もあるので、テスターで点検する。また、溶接工事や内装工事によって、ケーブルが傷ついたり、短絡したりすることがあるので、各線とアース間も点検する。

(2) 機器内部及び外部の掃除

艤装中の保護覆い、シートなどを取り外し、掃除機などで配線くず、塵、埃など異物を取り除く。

(3) 機器の点検

機器が輸送時や積込み時、艤装時に損傷を受けていないか確認し、試験などの前には、それらの損傷に対する処置を講じて完全な形になっていなければならない。

各電気部品のはんだ付けの状態、プリント配線の腐食、錆などによる絶縁低下、断線、接触不良などはないか点検する。プリント板の装着状態、変圧器などからのオイル漏れについて点検する。

(4) 結線の確認

系統図、結線図と照合して結線を確認する。誤結線のために機器を焼損したり、部品を不良にして多大な損失を招くことがしばしばある。

電線は色分けや番号によって識別して結線してあるが、多心線では不明確な色は一度外しておいて導通点検するのが望ましい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
223,715

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から