日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


-2. 船内の主機や発電機などの補機、通風機の空気摩擦音などが発生源となることも多い。機器類の振動による二次音及びプロペラ音は可聴音であり魚類も十分感知することが出来るので、漁船などでは低減する必要がある。振動音に対しては振動源となる機器について防振ゴムを介して装備するなど振動の伝達を遮断するほか、船体部に振動抑制材料を貼り付けて水中放散量を低減する方法がある。

-3. プロペラは、軸回転数とプロペラ翼数の積で示される基本周波数音のほかに、カルマン渦キャビテーションなどの流体としての高周波音を発生する。プロペラ音を減少するためには、1]プロペラ翼数を増加する、2]翼先端速度を下げる、3]チップの形状を変える(キャビテーションに対して)、などの対策が有効である。

また、中空の推進軸の場合、空洞部分が共鳴して鳴音を発することがあるが、空洞部に砂などを充填して防止するなどの対策がある。

-4. ソナーなどの装備位置は推進機関、プロペラなどの音源からなるべく遠くにするために船首に近い方がよい。特に船首に突き出した流線形のドーム内に装備すれば、有効である。しかしながら、出入港の際の接岸、投錨、抜錨の際に邪魔になるので、ソナーなどは、通常、船首から 1/3〜1/4 の所に装備する。水中観測用の音響機器を装備する特殊な船では、自船の放射する水中雑音を低減する必要があり、僅かな雑音の発生源でも取り除くか、あるいは低減する配慮が必要である。

 

6-5-2 水中雑音の測定

水中雑音は、船底などに装備されるトランスジューサなどを介して電気的信号入力として検知されるので、機器の設計時にはセンサーの周波数特性と水中雑音の周波数分布に関して考察することが重要である。そのためには水中雑音を測定することが必要である。

水中雑音特性把握のために検知器としては、平坦な特性をもつハイドロフオンを使用して、センサーの周波数特性に対応した周波数帯域において精密に測定する必要がある。

しかしながら通常の船舶では、航走中の自船の発生雑音は周辺雑音との区分けが困難であるので、殆ど実施されていないようである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
223,715

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から