日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6-4 機器間の通信の信号形態

機器間を接続する信号ラインの形態は次の2種類に分類される。

(1) デジタル信号

(a) シリアル信号:IEC 61162-1(NMEA 0183 )

転送速度が 4,800ボーの比較的低速な通信形態で、機器間の通信として一般的に使用されている。

(b) ネットワーク信号:

LAN信号である。詳細は設計編第9章LANを参照。

(c) パラレル信号

(d) モデム信号

(2) アナログ信号

(a) 電流信号:4-20mA

(b) 電圧信号:1-5 V,0-5 V,0-10V,±5V,±10V

(c) ステップ信号:1/6 度,DC 24,35,50,70V

(d) シンクロ信号

(e) パルス信号

(f) RF信号

(g) ビデオ信号/映像信号

 

6-5 水中雑音対策

海中には、潮流、波浪、魚類の生息などの自然現象によって絶えず発生している海中自然雑音と、沿岸の産業設備・施設、交通機関、船舶の航行などの人為的作用によって一時的に生ずる人工雑音とがある。これらの雑音は、魚探、測深儀及びソナーなど水中機器の目標、信号を妨害し、これらの機器の探知範囲を狭くする。

また、魚は16〜3,000 Hzの周波数帯について感知能があり、特に300 〜1,000 Hzの範囲では、内耳による可聴能があると言われているので、漁船などでは他の雑音はともかく、自船の発生する雑音については極力低減する必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
226,884

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から