日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


4-3-1 床置形機器の取付け

一般的に重量がある大形機器の場合は、床置形とする。

機器台を床に予め取り付けておく床置形の取付方法の一例を<図 4-3-1>によって次に説明する。

(a) 床に機器台を取り付ける。

(b) 機器をクレーン又はチェンブロックなどを用いて機器台のボルト穴の位置に合わせて仮置きする。

(c) 平座金を入れたボルトを取付台の下側から差し込み、ばね座金及びナットを入れ、締め付ける。

 

341-1.gif

<図 4-3-1>取付台利用による床置形の取付方法

 

この他、機器底部に機器台を事前(船内搬入前)に取り付けておく場合もある。

取り付ける機器重量によりボルトの大きさ、数を選択する必要があるが、これについては、4-2-1を参照のこと。

ジャイロマスターコンパス、磁気コンパス、自動針路保持装置などのように船の中心線上に、あるいは中心線の近くに、機器に記載されている船首マークと正しく平行に装備しなければならないものについては、予め船の中心線を計測し、床に白ペンなどで平行線を記載しておいてから、それに合わせて取り付ける。

機器台に傾斜や片締めのねじれがあると機器扉の開閉などに不具合が発生するので、機器台の水平には十分注意する。機器台が水平でない場合は、機器と機器台の間にライナーを挿入し、不具合要因を処理し水平にした後に完全に締め付ける。水平据付けの調整の一例を<図 4-3-2>に示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
224,631

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から