日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第9章 船内LAN

 

9.1 概説及び定義

一般にローカル・エリア・ネットワーク(LAN:Local Area Network)とは、オフィス内やビル内、あるいは工場の敷地内などの特定区域内で、コンピュータ、入出力機器などを有機的に結合し、通信機能を付加することによって、分散処理や情報資源の共有化などを効率良く行わせるための地域内情報通信網のことをいう。

船舶においても、近年、省人化、省力化、更には安全運航のための自動化の要請とエレクトロニクス技術の発展により、船内各部のプラント・装置類の自動化が積極的に推進されているが、更には船内に分散配置された自動化装置類を有機的に結合することによる、より高度なシステム化のニーズが高まってきた。

これを実現するためには、船内のデータを一元管理し効率的に運用する船舶特有の情報処理技術の確立が不可欠であり、このための情報通信網が、船内に設置された場合、これを「船内LAN」と定義する。

 

9.2 特徴

LANは、種々のネットワークの中でも比較的近距離で、かつ、高速通信が可能である。他のネットワークに比べ次の特長がある。

(1) 高速通信

通常、数メガbpsから数百メガbpsの高速通信が可能であり、このため、ネットワーク内でファイルシェアやプリンタシェアなどの資源の共有が可能となる。

(2) 高信頼性

近距離の通信を高速で行えるためデータエラーが起こり難く、また、分散処理のため一部で発生したトラブルが他に波及しないような設計が可能であるなど、信頼性の高い通信が可能である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,377成果物中)

成果物アクセス数
266,105

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月10日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から