日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(3) 拡張性と柔軟性

LANは小規模なものから大規模なものまで対応でき、しかも追加変更が容易である。したがって、接続する台数の変化や処理内容の変化などの環境の変化に対しても、比較的容易に対応できる。

(4) 通信の対等性

メインフレーム系のネットワークでは、主たる処理はメインフレームで行い、端末側は補助的な処理しか行わない。これに対してLANに接続された各機器は原則として対等である。

 

9.3 LANの分類

9.3.1 接続形態(トポロジー)による分類

-1. スター形LAN

HUBと呼ばれる集線装置又はホストコンピュータを中心に放射状に接続され、ネットワークケーブルには、電話線と同様のツイストペアケーブルが使用できるためコスト的にも安価である。

また、配置の変更に柔軟に対応できるほか、トラブル発生時にトラブル箇所の特定が容易であるという特長を持つが、通信速度が比較的低速であるため、ファイルシェア、プリンタシェアは困難である。

代表例に IEEE 802.3の10BASE-T(<表 9.5.2>参照)がある。

-2. バス形LAN

1本のケーブルに多くの端末が接続されているLANである。通信は1本のケーブルを介して行われるため、原則として、同時に複数の機器間で通信できず、どの機器とどの機器とが通信するのかを制御するルールが必要になる。

 

168-1.gif

<図 9.3.1>スター型LAN

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
222,895

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から