日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


4.7 MF/HF無線電話

MF/HF無線電話は無線電信とともに最も重要かつ普遍的な通信手段である。一般的には、MF帯は300 kHz から3,000 kHz の電波を、HF帯は3MHz から30MHzの電波を指すが、GMDSSでは海上移動業務に割り当てられた周波数で、MF帯は1,605.5 kHz を超え 3,900kHz 以下の電波を、HF帯は4MHz を超え 26.175 MHz 以下の電波を指している。

 

4.7.1 MF無線電話

MF無線電話は、1948年のSOLAS条約会議で導入が決められて以来、無休聴守のための警急自動受信機やホーミングのための無線方位測定機の導入などによって、遭難救助システムでの遭難通信に重要な役割を果たしてきた。

MF帯の遭難・安全周波数は、2,182 kHz と定められている。

因みに、GMDSSでは海岸地球局からMF帯での通信可能範囲(150 海里)をA2水域と定めている。

 

4.7.2 HF無線電話

HF無線電話は衛星通信が普及するまでは地球の裏側・極地圏との通信も可能な遠距離通信の主流であったが、電離層の状態が時間や季節によって変化するため常時安定した通信回線を確保できないという問題がある。また、周波数によっても、伝播路が相違するため海上移動業務には、4MHz、6MHz、8MHz、12 MHz、16 MHz、18 MHz、22 MHz、25 MHz が割り当てられている。

HF帯の遭難・安全周波数は、4,125 kHz、6,215 kHz、8,291 kHz、12,290 kHz、16,420 kHzと定められており、GMDSSでは、HF無線電話がA3、A4水域の主要な設備の一つとされている。

 

4.8 狭帯域直接印刷電信装置

狭帯域直接印刷電信装置(NBDP:Narrow Band Direct Printing system)はモールス電信の不便さを解消するための一方式として開発された海上通信システムで、船舶局と海岸局又は船舶局間においてMF/HF帯の送受信機と接続して、遭難・安全及び一般(テレックス)通信を行うものである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
227,078

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から