日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

フィットネス向上の科学 1998−体育科学 第27巻−

 事業名 日本人の体力向上に関する調査研究
 団体名 体育科学センター 注目度注目度5


体育科学センター第4回公開講演会講演要旨2
調整力について
松浦 義行


 今日まで運動能力の要素として筋力、敏捷性、柔軟性、持久力、正確性、平衡性等々が見出され、因子分析等の統計的方法で 検討されたり、筋力や持久力のように生理的メカニズムが明らかにされて来たものもある。かかる運動能力の1つの要素と して、運動協調能力、協調性、巧緻性、運動制御能力、身体制御能力;motor coordinationl, motor control,body coordination,body controlなどと呼ばれる能力も見出されて来た。調整力という言葉が使用されるよう になって以来、これらの言葉の使用は少なくなった。運動協調能力と同意義語として調整力が用いられているように考え られる。調整力の英語訳がcoordinationであることからも、徒来の運動協調能力と同意語と考えてよいであろう。
 すでに述べた諸々の運動能力要素の中でも調整力に関する研究は比較的少ない。それは、この能力の測定がむずかしい 事と、人間がなんらかの身体運動を成就する時には、例外なくこの能力が関与しているからである。しかも、従来は、敏捷性、 柔軟性、平衡性、筋力と同様、これらの能力は、あらゆる運動に程度の差こそあれ関与するものという仮設のもとに調整力を 多くの運動成就から抽出しようと努めて来たが、ほとんどの研究が必ずしも満足のゆく結果を導き出すことが出来なかっ た。20年ぐらい前から、調整力には一般調整力というがごとき能力は存在するものではなく、運動パターンの各々に特有な 調整力が存在するのであるという。調整力はcommunalityよりもむしろuniguenessが大であるという考え方が広く認識され るようになった。この時以来、調整力の研究も、この仮説のもとに促進された。しかし、運動成就テストを測定の手がかりとす る限り、テストの作成がむずかしいということが、再び研究促進の障害となっている。


筑波大学
於:国立科学博物館 昭和51年6月5日


前ページ    目次へ    次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
115位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
114,698

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.フィットネス向上の科学 1998−体育科学 第28巻−
2.「日本人の体力向上に関する調査研究」の報告書
3.「SSFスポーツエイド」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から