日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

フィットネス向上の科学 1998−体育科学 第27巻−

 事業名 日本人の体力向上に関する調査研究
 団体名 体育科学センター 注目度注目度5


高齢者の体力向上に関する調査研究
−富山県庄川町における調査(第1報)−

宮村 実晴  松井 秀治*  竹之内 隆志  石田浩司
三井 隆弘**  佐藤 靖丈**  片山 敬章**


Physical fitness and the daily life of elderly people
in the agricultural district of Toyama prefecture

MiharuMIYAMURA,HidejiMATSUI*,TakashiTAKENOUCHI,KojiISHIDA,
TakahiroMITSUI**,YasutakeSATOH**andKeishoKATAYAMA**


 To obtain basic data concerning health and physical fitness in elderly people, we conducted a questionnaire and a physical fitness test in the agricultural district of Toyama prefecture. The questionnaire included questions about health, food, sleep and physical exercise conditions in daily life. Fifty-eight elderly people participated in the physical fitness test. Blood pressure, vital capacity, flexibility, reaction time, one-leg balancing (with open and closed eyes) , shuttle stamina walk and nitrous oxide in exhaled air were determined for all subjects. The following results were obtained :
 1) Many elderly people take care to obtain proper food, sleep and physical exercise in their daily  life to maintain their health and physical fitness.
 2) The results of body flexion in the sitting position and one-leg balancing with eyes opened  obtained here was slightly better than that obtained by Kimura et al. who measured physical fitness  of elderly in Osaka. Results were almost the same for the shuttle stamina walk.
 3) There was no significant relationship between the shuttle stamina walk and nitrous oxide in  exhaled air.
(Rep. Res. Cent. Phys. Ed. 27: 119-130, 1998)


 わが国の子どもの出生率は年々低下し、同時に平均寿命は延長し1997年では日本人の平均寿命は男性が77.19歳、女性が 83.82歳で男女共に世界最長寿となり、ますます高齢化社会に向っていることはよく知られている4)。厚生省人口問題研究所の推計によると、1997年における全人口の65歳以上が占める割合は15.66%、2020年では26.85%、2050年では32.29%に達す るという11)。そして高齢化に伴い高血圧、高脂血症、腰痛などといった慢性的疾患や障害、さらには寝たきりや痴呆のため介護を要する高齢者が増加していることも事実である。それに伴い老人保険制度による医療費の増大も深刻な問題となって いる。このような情勢下において、高齢者の健康や体力を積極的に維持増進を図ることは、彼ら自身の健康をできるかぎり保持し自立した生活を営むためにも非常に重要な課題であると言える。
 本研究では、介護を必要としない自立した日常生活を営んでいる高齢者の運動習慣や体力の現状を明らかにし、高齢者の体力向上さらにはより健康で豊かな高齢化社会づくりに貢献するための基礎的資料を得ることを目的とした。


名古屋大学総合保健体育科学センター Research Center of Health, Physical Fitness and Sports, Nagoya University
*財団法人スポーツ医・科学研究所 Institute of Sports Medicine and Science
**名古屋大学大学院医学研究科院生 Graduate School of Medicine, Nagoya University


前ページ    目次へ    次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
115位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
114,698

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.フィットネス向上の科学 1998−体育科学 第28巻−
2.「日本人の体力向上に関する調査研究」の報告書
3.「SSFスポーツエイド」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から