日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

オペラ「あやめ」公演プログラム

 事業名 日仏文化交流年におけるオペラの公演
 団体名 日本楽劇協会 注目度注目度5


小栗哲家
(技術監督)

  1972年より舞台監督助手として活動をはじめる。舞台監督としての初仕事は、1976年関西二期会の「アルバート・ヘリング」。その後、二期会オペラ「フィガロの結婚」(1976年栗山昌良演出)をはじめウィーン国立歌劇場、フォルクスオーパー、バイエルン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場などの引越公演、富田勲氏のサウンドクラウドプロジェクトでも活躍している。現在は、自ら舞台監督集団(株)アートクリエーションを設立。最近では数多く来日する海外有名オペラハウスの引越公演、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、ヘネシー・オペラ・シリーズ、日生オペラシリーズなどを手掛けている。


徳山弘毅
(舞台監督)

  熊本県出身。大学卒業後、イベントプロデュース会社に就職。在職中、舞台監督集団“クリエイション"と出会い、1990年に入社。以後、小栗哲家の下で舞台監督助手を務める。オペラの舞台監督デビューは、1994年名古屋二期会「ねじの回転」(栗山昌良氏演出)。その後、様々なオペラやコンサートを手掛ける。また、太鼓集団“鼓童"が中心となり毎年開催される世界的フェスティバル「アースセレブレーション」やダンスパフォーマンス公演など、クラシック以外の分野の舞台監督も務めている。

 

前ページ    目次へ    次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
389位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
24,211

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.オペラ「あやめ」公演チラシ
2.「日仏文化交流年におけるオペラの公演」の報告書
3.藤沢市オペラ「リエンツィ・最後の護民官」全5幕
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から