日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座[SOLAS条約と国内関連法規編(電気設備)](上級用)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第8章 火災安全装置(第II-2章A部,B部,C部及びD部)

 

8.1 基本原則(第2規則)

 

1 この章の目的は,船舶における実行可能な最大限の防火,火災探知及び消火を要求することである。

 

2 次の基本原則は,この章の規定の根底をなすものであり,船舶の型及び火災の危険の可能性を考慮してこの章の規則に具体化される。

 

(1)船舶を防熱上及び構造上の境界により主垂直区域に区分すること。

(2)居住区域を防熱上及び構造上の境界により船舶の他の部分から隔離すること。

(3)可燃性材料の使用を制限すること。

(4)いかなる火災もその発生場所において探知すること。

(5)いかなる火災もその発生場所内で抑止し,消火すること。

(6)脱出設備及び消火のための接近手段を保護すること。

(7)消火設備を直ちに利用し得るようにしておくこと。

(8)引火性貨物の蒸気の発火の可能性を最小にすること。

 

8.2 自動スプリンクラ装置(火災探知及び火災警報の装置を内蔵するもの)(第12規)

 

1.1 要求される自動スプリンクラ装置(火災探知及び火災警報の装置を内蔵するもの)は,常時直ちに作動することができるものでなければならず,作動させるために乗組員の操作を必要とするものであってはならない。この装置は,湿管式のものでなければならないが,主管庁が必要な予防措置がとられていると認める場合には,暴露した小系統を乾燥管式のものとすることができる。作動中に氷結温度の影響を受けることがあるこの装置のいずれの部分も,氷結に対して適切な保護をする。この装置は,必要な圧力で水を満たしておくものとし,また,この第12規則の規定により要求される水の連続供給設備を設ける。

 

1.2 自動スプリンクラ装置の各系統には,いずれのスプリンクラが作動した場合にも表示盤に自動的に可視可聴警報信号を発する装置を取り付ける。この警報装置は,また,自動スプリンクラ装置が故障した場合にこれを表示するものでなければならない。

 

1.2.1 旅客船については,1.2の表示盤は,自動スプリンクラ装置が作動する場所の火災及びその位置を示すものでなければならず,船橋又は主火災制御室に集中配置する。この配置

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
101,722

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その2)](中級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)艤装工事及び保守整備編
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)法規編
4.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](強電用)
5.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](弱電用)
6.船舶電気装備資格者名簿
7.船舶電気装備技術講座[電装生産管理編](上級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](機器保守整備編)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その1)](初級用)
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気理論編](初級用)
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級用)
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級用)
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級用)
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[船舶法規編](中級用)
16.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級用)
17.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](基礎理論編)
18.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](装備艤装工事編)
19.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)基礎理論編
20.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
21.弱電ハンドブックの作成に関する中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から