日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

ノンステップ普及セミナー

 事業名 ノンステップバス普及促進セミナーの実施
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


総括

東京都立大学大学院工学研究科

専任講師 秋山 哲男

 

ここ何年か、バスの環境、バスの交通条件は非常に大きな変動がありました。しかし、1997年にノンステップバスが開発されて、どうもここにポイントがありそうだ、ノンステップバスで間違いなさそうだという雰囲気を今日感じられたと思います。

東急バスさんの調査では、30%の人がノンステップバスを利用することによって利用機会が増えたと答えたようです。そういう結果が出ていました。私もその30%の1人として回答いたしました。多くの人がそう思い、だれもが間違いないだろうと思っているんですが、果してそうだろうかという疑いももう一方で持っておいたほうがよろしいかと思います。

なぜなら、これからいくつか努力を払わなければならないだろうと思います。その1点目が技術開発の努力です。その一つの視点は人にやさしいということ。二つ目が他の技術開発とバッティングする部分をどうクリアするか。先ほどの低公害車などはその部分だと思います。こういった部分をどうするか。

二つ目に重要なことは、新しいルールづくりです。お金が余分に出費することはほぼ間違いがなさそうです。それをだれがどのように負担するのか。税金で負担するのか。メーカーの企業努力なのか。それとも別の方法でやるのか。これがまさに知恵の絞りどころだろうと思います。英国で国際会議があったとき、「アクション・インツー・アイディア」と言葉がございました。負担をめぐる問題と技術開発をめぐる問題に我々の知恵をどうやって発掘していくかということが最大のポイントだろうと思います。これから全く想像しないようなルールづくりだとか、協定だとか、負担のあり方を巡る議論が出てくるだろうと思います。そういった変化に対して皆さんの頭も柔軟にしていただきたいと思います。

お三方はおそらくノンステップバスは間違いない。これからいくつかのハードルをどう越えるかだということをおっしゃっていたかと思います。

以上でまとめに代えさせていただきたいと思います。どうもありがとうございました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
990位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
11,305

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.「ノンステップバス普及促進セミナーの実施」の報告書
2.運輸部門における地球環境問題に関する意識調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から