日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

ノンステップ普及セミナー

 事業名 ノンステップバス普及促進セミナーの実施
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


質疑応答

(質問1)私はバス会社の出身であります。国の運輸政策等に関するスタンスとバス会社のスタンスとをごちゃまぜにしてご質問なり、ご意見なりを言わせていただきたいと思います。

まず、ノンステップバスを導入されているバス事業者の方に伺いたいのですが、従来の床高が80センチぐらいのバスと比べて、このノンステップバスの特にラッシュ時における実行輸送力はどうなのかという問題です。増発等の問題が通常の低床車と同じぐらいで起こるのか。もっと激しいのか。話を聞きますと、内部の段差がありますと乗降に時間がかかって、最終的には実行収容力に問題があると聞いております。中型程度の線をイメージするのならかまわないと思いますが、その辺の現状をユーザーの皆様からお聞かせいただければと思います。

次に、秋山先生、鎌田先生のご指摘もありましたとおり、モータリゼーションの進展あるいは高齢化社会の中で、バスの利用者を確保し、イメージアップしていくにはノンステップバスは多分必要不可欠であろうと思います。先ほどもご指摘がありましたけれど、その辺のコンセプトは旭川電気さんなどはずいぶん持っておられます。いまご指摘があったように、大ざっぱな話として普通仕様車だと1台1500万であるのがノンステップバスだと2000万ということで、約3割ほど車両価格が上がります。これに対して普通のバスの運賃は全国平均して200円前後ではないかと思います。コミュニティバスだと100円ぐらい。一般の都市バスでも200円以上は嫌われるという感じがある中で、この増加コストの吸収をどうしていくのか。

端的に言うとこれは事業者が負担するのか、あるいは地域交通のインフラとして利用者負担以外の支援が自治体なり何なりからあるのか。先ほどいろいろご示唆がありましたクロスセクターベネフィットの考え方等、どの程度現実に期待できるのか。それと、いま鎌田先生からご指摘がありましたメーカーのコストダウンの可能性。ロットとか標準化で2000万のバスが1500万になるのか。

事業者も顧客満足度とか明確なコンセプトを持ってやっていけば、あるいはいろいろなリスク等に挑戦できるのかもわかりませんが、増収を見込めなければ減価償却費の範囲内の投資という非情な経営の論理もあるようですから、その辺をどう解消していくのかというところが問題だと思います。

この辺で、ご説明できないものもあるかと思いますけれども、できたらよろしくお願いしたいと思います。以上です。

(三菱自動車工業)まず定員の件だけ答えたいと思います。当社のカタログ値にあります定員82名というのは、運輸省への届出値ということで、標準仕様の車で設定いたしております。これには車いす用の横向きシートをつけたり、いろいろ装備をつけますと70名ぐらいになるというのが今まで展示されています仕様の車だと思います。

(鎌田・東京大学 後日補足)定員は座席数と有効床面積、軸重の制約等から決まってきます。車いす対応の横向きハネ上げシートを採用すると立席用床面積が減り、70名前後となるのが標準的のようです。ただ、三菱車と他社車では車のつくり方のコンセプトが異なり、同じWB車でも重量がかなり異なっています。大阪市交通局の三菱車と日産デイーゼル車では、前者の方が長尺

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
987位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
10,981

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「ノンステップバス普及促進セミナーの実施」の報告書
2.運輸部門における地球環境問題に関する意識調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から