日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教養誌「ほのお 1997年7月号」

 事業名 消防資料の発行
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


第20回全国消防職員意見発表

――全国消防長会――

005-1.gif

6月12日、京都市左京区の「国立京都国際会館とにおいて、第20回全国消防職員意見発表が行われた。全国9支部から厳しい審査を経て選ばれた10人が、それぞれの職務の体験をもとに、消防防災に関する決意・抱負・提案等の積極的な意見を発表した。

会場では、消防関係者など約1,000人が各発表者の熱のこもった意見発表に真剣に耳を傾けていた。

審査は、発表内容・意見性・発表力の項目について厳正に行われた。

審査の結果、最優秀賞には、「被災者からのシグナル」を発表した東近畿支部代表(富山市消防本部)の鈴木伸二さんが選ばれ、また、優秀賞には、「障害者とともに生きるために」を発表した関東支部代表(東京消防庁)の浦山香織さんと「愛ある救急を目指して」を発表した関東支部代表(千葉市消防局)の佐久間進さんがそれぞれ選ばれた。

最後に審査員長の上山京都市立芸術大学学長は、「各発表者が問題意識を持って、しかも、細やかな心遣いで業務に励んでいるということが、一人ひとりの話の中から滲み出ており、とても感動しました。これからも、問題意識を持って消防業務に取り組み、さらに同僚、先輩、後輩に良い刺激を与えてもらいたいと思います。」と講評を述べられた。

ここに、最優秀賞、優秀賞に輝いた3人の発表内容を紹介します。

なお、発表原文のため、実際の内容と異なる部分があります。

 

意見発表者(発表順)

○関東支部(東京消防庁)

浦山 香織

「障害者とともに生きるために」

○東海支部(大府市消防本部)

永野 博史

「忘れられない一言」

○関東支部(千葉市消防局)

佐久間 進

「愛ある救急を目指して」

○四国支部(徳島市消防局)

田上 孝幸

「そこに救う生命ある限り……」

○東北支部(仙台市消防局)

佐藤 寿和

「心づかい」

○九州支部(福岡市消防局)

宮崎 邦弘

「シンボル―地域と防災を結ぶ―」

○北海道支部(札幌市消防局)

佐藤 昌平

「民間企業の営業マンから消防マンヘ」

○中国支部(備北地区消防広域行政組合消防本部)

前田 拓哉

「身近なところから」

○近畿支部(あさご消防本部)

福島 和久

「未来に引き継ぐもの」

○東近畿支部(富山市消防本部)

鈴木 伸二

「被災者からのシグナル」

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,034位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
3,831

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.教養誌「ほのお 1997年4月号」
2.教養誌「ほのお 1997年5月号」
3.教養誌「ほのお 1997年6月号」
4.教養誌「ほのお 1997年8月号」
5.教養誌「ほのお 1997年9月号」
6.教養誌「ほのお 1997年10月号」
7.教養誌「ほのお 1997年11月号」
8.教養誌「ほのお 1997年12月号」
9.教養誌「ほのお 1998年1月号」
10.教養誌「ほのお 1998年2月号」
11.教養誌「ほのお 1998年3月号」
12.「消防資料の発行」の報告書
13.第21回婦人防火全国大会プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から