日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

セミナー・講習会案内パンフレット一式

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


主催 (財)ライフプランニングセンター ピースハウスホスピス ホスピス教育研究所

 

第5回 ホスピス国際ワークショップ

チームケアと教育プログラム

〜聖クリストファーズホスピスに学ぶ〜

 

日時 1998年1月3日(土)10:00〜17:15(18:00〜19:30 懇親会)

1月4日(日)9:00〜16:00

場所 ピースハウスホスピス教育研究所

〒259‐01 神奈川県足柄上郡中井町井ノ口1000‐1

TEL0465‐81‐8900  FAX0465‐81‐5521

 

講師  Irene Higginson,BMedScl,BMBS,FFPHM,Ph.D.

Professor of Palliative Care&Policy,

at King's College London and St. Chistpher's Hospice

他1名(ナース 交渉中)

 

おすすめ

日本で最初のホスピス病棟が誕生してから16年が過ぎ、近年、その数は急速に増えつつあります。引き続き数の増加が期待されるとともに、ケアの質、そのための教育の充実を求める声も高まっています。

このような現状をふまえ、今年度は、英国の聖クリストファーズホスピス(1967年、S.ソンダース博士により設立)で緩和ケアチームの教育を実践し、またQOLやケアの質の評価を研究しておられるヒギンソン教授らをお迎えしてワークショップを開催することとなりました。

主なテーマとして、「英国のホスピス緩和ケアの現状」、「チームケアのあり方と各メンバーの役割」、「教育プログラム」、「ホスピス緩和ケアの成果と質の評価」などを取り上げる予定です。

それぞれの課題について、講師の先生方から英国の現状をご報告いただくとともに、参加者同士のディスカッションの時間を十分に持ち、ご一緒に考えていきたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

【募集要項】

定員:50名

対象:医師・看護婦・薬剤師・ソーシャルワーカー・チャプレンなど

(同一施設内でのチームによる参加を歓迎いたします。)

参加費:一般20,000円・ホスピス教育研究所会員15,000円(昼食代含む)

申込方法:申込書にご記入の上、ホスピス教育研究所宛にお申し込み下さい。

折り返し受付け番号、参加納入方法をご連絡致します。

029-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,290位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
3,419

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
9.ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」
10.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から