日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


た。このように海軍力は国家の意志を明確に表示するものであるが、艦隊兵力の増減や特定の艦艇(空母や揚陸艦)の追加削除、さらには演習の実施や領海侵犯などの行動を加えることにより、圧力を上下させて政治目的を達成することも可能である。また、艦艇には象徴性が強く、ブラジルは湾岸戦争に1隻の旧式駆逐艦を参加させたが、この1隻の旧式駆逐艦が国連決議を支持するブラジルの姿勢を内外に示したのであった。

次に平和時の艦艇の訪問などによる効果を見ると、艦艇は外国の管轄権から独立し、治外法権(Exterrioriality)、不可侵権(Invialability)、庇護権(Right of Asylum)および礼遇の享受など、各種の外交特権を持つ国家主権の象徴である。このため、艦艇の訪問は商船などの寄港とは異なり、国家的威信(プレステージ)を示すだけでなく、友好関係や信頼関係の象徴として受け取られ、1997年の「かしま」「さわゆき」の韓国訪問を、「日韓新時代を象徴している」と韓国の新聞が報じたことからも、その寄港が極めて大きな意義を持っていることが理解できるであろう。海上自衛隊の艦艇の訪問による友好増進などの成果を1982年度の南米遠洋航海について示せば(21)、練習艦隊司令官が表敬した大統領はペルー・チリー・エクアドルの3ケ国、ベルーの大統領は昼食会に来艦した。また、練習艦隊が行った13寄港地における諸行事を列挙すれば、メキシコ・シテイー、バンクーバー開港一〇〇年祭、チリの独立記念日などで市中行進を実施したが、これらは新聞だけでなくテレビなどでも大きく報道された。通常の訪問でも練習艦隊の訪問は常に新聞の1面に大きく取り上げられ、ニューヨークで、このように大きく日本関係の記事が掲載されるのは、昭和天皇のご訪問以来であり、総理の訪米よりも練習艦隊の訪問の方が、日米親善にははるかに効果があると在米邦人は感謝していた。

044-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
159位
(35,377成果物中)

成果物アクセス数
87,721

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月10日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から