日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


当該論文の位置付けと要旨を下記に掲載します。論文の全訳はこのあとの頁にございます。

 

北東アジアにおける排他的経済水域及び海上の境界線画定

法的検討の行き詰まりと、これを打開する機能的アプローチについて

Exclusive Economic Zone and

Maritime Boundary Delimitation in Northeast Asia

 

96年4月

Jin-Hyun Paik(韓国政府外務部外交安保研究所)

 

1.論文の位置づけ

 

この論文は96年4月のクアラルンプールにおけるCSCAP会議への韓国からの提出論文である。提出当時の筆者は韓国政府外務部外交安保研究所の海洋法の第1人者であり、ここに述べられている見解は政府の見解と見なしてよいと思われる。発表時には会場からは特に反論はなかったという。

 

筆者のJin-Hyun Paikソウル大教授は、最近(論文提出の翌年の97年)、8年間勤務した外務省から大学へ移籍した(1997年)ばかりの新進気鋭の海洋法学者であり英語が堪能である。彼はソウル大学に新設された国際問題・安全保障研究所の創設メンバーであり、本人が語るところによると「今後10年間は国が力瘤を入れているこの研究所で自由活達な研究に励むことができるだろう」とのことである(6月談)。英語が堪能であり、6月にはロシアでの国際会議にも出席したPaik教受の法学者としての国際的な影響力は決して無視できないとおもわれる。彼の発言については良く理解したうえで反論すべきは反論するというのが、われわれ日本側のなすべき第1歩であろう。

韓国は「200カイリ経済水域」時代を迎え、農水関係省を改組し体制の強化を計った。しかし、もとより、日露中に囲まれた韓国自体の水域が、いかなる議論によっても大幅に拡大する可能性がないことはあきらかである。

この論文は、北東アジアにおける海上の境界線画定問題に関する、雑多な見解を法的な立場からあざやかに交通整理してみせている。その方法は「要約」に示した通りであるが、方法な多数提示されているものの、いかなる具体的な解決方法を支持するものでもない。むしろ、法的な検討の概要を論じた上で、そのいずれもが、現実世界においては不毛な議論に終わる可能性を指摘しているのである。

論文は、最後に、地域の情勢複雑であり、沿岸諸国がゴリゴリの法解釈よりも、むしろ機能を主体とするアプローチを好むのではないかとの判断を示しているのは、筆者の柔軟性の現われであろう。すなわち、漁業問題や環境保護、資源開発を優先するための共同政策を各国が推進し、主権や境界線問題への背伸びは控えるのではないかとみるのである。その結果、各国は、そりあえず管轄権問題を棚上げし、沿岸諸国は海底鉱物資源開発などの協力協定をつくりあげるのではないか。このようなアプローチこそが地域においては建設的であると思われると評価している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
154位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
81,941

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から