日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


1998年版:南シナ海のシーパワー・バランス

沿岸諸国の状況と米豪のプレゼンス

 

川村 純彦(元統合幕僚学校副校長・海将補)

 

本稿では、わが国の繁栄と安全に重大な影響を与える可能性を持つ南シナ海を巡るシーパワー・バランスについて考察する。

 

南シナ海は、北から時計回りに台湾、フィリピン、ブルネイ、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム及び中国の10地域・国家に囲まれた海域で、この海域内にプラタス(東沙)諸島、パラセル(中沙)諸島及びスプラトリー(南沙)諸島の3グループの群島が存在する。これらの諸島は、標高1メートル前後のサンゴ礁で無人の小島である。

プラタス諸島については中国が実効支配し領有権が確定しているが、パラセル諸島は1974年以来中国が実質的に支配しているものの、ベトナムも領有権を主張しており、スプラトリー諸島については中国とベトナムが同諸島全域の領有権を、またフィリピン、マレーシア、ブルネイ、台湾が一部の領有権を主張している。海底探査の結果、南シナ海には石油、天然ガスといった天然資源が眠っていることが判明しており、周辺の諸国がそれぞれに領有権を主張する理由は、これらの島々そのものの価値よりも、その周辺海域に存在する海底資源あるいは漁業資源を独占する狙いからであろう。

また、これらの諸島の近くを北東アジアと中東・欧州・東南アジアを結ぶ重要なシーレーンが通っている。

南シナ海のシーパワー・バランスを考察するに当たっては、周辺諸国は勿論であるが、見落としてならないのは米豪の2カ国の存在である。アジア・太平洋地域のほとんどの国々は、紛争の発生を抑止し、地域の安定を維持するために米軍の確固たるプレゼンスが維持されることを望んでおり、アメリカも引き続き約10万の兵力を東アジアに駐留させることを公式に確認した。

一方、オーストラリアは、FPDA(5カ国防衛協定。イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、シンガポールが加盟)に加えてASEAN(東南アジア諸国連合)諸国との2国間の防衛協力を発展させるため積極的に取り組んできており、ASEAN地域内に確固たるプレゼンスを保っているので、今後もオーストラリアとASEANの関係は更に緊密化するものと考えられる。

一方ソ連は、冷戦中カムラン湾に前進基地を獲得してこの地域でアメリカと激しく勢力を争っていたが、今では15の民族共和国に分解して、ロシアという広大な国土を持つ民族国家として生き残った。しかしロシアは、冷戦後の軍事

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
154位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
81,941

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から