日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

学術研究論文入選論文集

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


二席

 

エコツーリズム

―持続可能な観光に向けての模索―

042-1.gif

 

序章 問題の提起

 

本論文の目的は、エコツーリズムについて検討すること、特に地球規模での発展を続ける現代の観光におけるその役割を考察することである。

「観光(tourism)」という現象は、現代社会において地球規模での広がりを見せている注1。近世まで旅行はあくまで限られた階層の人々のものでしかなかったが、19世紀初頭イギリスにおいて蒸気機関車という大量輸送機関が登場し、1841年Thomas pfCookが鉄道を利用した団体の日帰り旅行を組織、その後イギリス国内外への団体旅行の手配を行うようになったことから状況に変化がもたらされた。この団体旅行という旅行形態の誕生により旅行の商品化が可能となり、観光産業の巨大化の礎と言えるマス・ツーリズム(mass tourism)注2という現象への道筋が開かれたのである。そして1950年代以降、先進国では既存の交通機関の改良やジェット機の出現等の技術的要因と自由裁量時間の増加や所得水準の向上等の社会的。経済的要因とにより、一般の人々が観光に行くというマス・ツーリズムの時代が到来した。その現象は加速度的に拡大しながら現在まで続いている。

しかしマス・ツーリズムをめぐっては、当初からその功罪が様々に取沙汰されてきた。

まず、その社会的意義としては、安価な旅行が可能となったためにより多くの人々が観光に行くことができるようになったという点が第一に挙げられる。マス・ツーリズムによって観光が限られた人々だけのものであった時代は先進国では過去のものとなった。また、経済的にはマス・ツーリズムの進展は観光産業の市場の拡大を意味し、観光地となる国々にとっては雇用機会の創出や所得の向上等を期待させる魅力的なものであった注3

一方、旅行商品を低価格にするために一度に集中して大量に送客するというマス・ツーリズムの手法は、1960年代に入るとしだいに多くの観光地とその周辺地域において様々な環境的・社会的弊害を引き起こすようになった。例えば、交通の増加による大気汚染や騒音や渋滞、水の供給不足と下水処理施設の設備が乏しい地域への短期的な大量人口集中による水質汚染、ゴミや廃棄物の処理といった地域のインフラストラクチャーの能力に関する問題が生じただけでなく、観光客のための建造物による景観の破壊や住環境の悪化といった社会的なマイナスの影響も報告されるよ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
197位
(30,306成果物中)

成果物アクセス数
56,307

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年12月8日

関連する他の成果物

1.1996年国際観光概観
2.「アジアとの新航空路線観光シンポジウム」報告書
3.「関西国際空港利用の外国人に対するアンケート」報告書
4.「’97APTEC国際観光交流促進シンポジウム」報告書
5.「シルクロード地域各国観光情報収集調査 中国(西域)編」報告書
6.「APTECシルクロードセミナー」報告書
7.世界観光統計資料集
8.「アジア太平洋地域の国際観光交流促進」の報告書
9.旅フェア’98旅の総合カタログ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から